会のあらまし

名  称:静岡古城研究会(しずおかこじょうけんきゅうかい)

代  表  者:会長・水野 茂(静岡市葵区瀬名中央1-4-24)

設  立:昭和47年(1972)

事業年度:6月1日〜翌年5月末(定期総会:7月)

会  員  数:75名(2017.7月末現在) 公務員・会社員・自営業者・農林業者など様々な方が入会中。

一行紹介:県内を中心とした中世城館跡を調査・見学・探索し、縄張図を表すことを通じて城郭遺構の歴史的意義を究明する。

活動内容:●隔月1回、県内および近隣県の中世城館跡見学会開催。●定期総会時に研究成果発表会「ふじのくに山城セミナー」開催。●調査研究成果論文集・機関誌『古城』を毎年発行。●地域とともに学ぶ戦国史『歴史シンポジウム・イン・当該地』を隔年開催。●『静岡県の城跡―中世城館跡縄張図集成―(駿河国版・伊豆国版・遠江国版)』の調査編纂事業継続中(2012.7月駿河国版発刊)。●古文書、伝承等をもとに未調査・未発見の城砦探索および縄張作図と考察研究。●学術研究者、関係諸団体、行政機関、学校、当該地域との情報交換と交流、保存啓発活動。

会  費:入会金 1,000円 年会費 5,000円

入会条件:中世城館跡に興味関心があり、山歩きや史跡巡りが好きで健康な方(性別不問)

ご入会はこちらから

実  績
機関誌『古城』発行:現在第61号(毎年一回発行)
●ふじのくに山城セミナー(研究成果発表会):毎年一回(定期総会時)
●地域とともに学ぶ戦国史『歴史シンポジウム・イン・当該地』:隔年開催
①周智郡春野町 ②菊川市横地 ③静岡市興津町・由比町
④沼津市根小屋(2007年1月) ⑤藤枝市葉梨・岡部町桂島(2010年1月)
⑥静岡市駿河区(2012年11月)
『静岡県の城跡ー中世城郭縄張図集成ー(中部・駿河国版)』発刊(2012.7月)
㈶伊豆屋伝八文化振興財団の文化奨励賞受賞(2013.3月)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です