駿府城 レポート1 ― 坤櫓見学会 ―

静岡市は駿府公園から「駿府城公園」へと名称を変え、平成元年から始まった史跡整備事業も順調に進み、そのたびに発掘調査等も実施し話題を提供してきました。県都ととして誇りある大御所家康の駿府城は国の一級史跡でもあり、本会も白眉なテーマとして定期的にレポートをお届けしたいと思います。(水野)坤櫓2

9月末日、静岡市が進めている駿府城公園整備の一環として坤櫓工事の最終見学会が実施された。同公園整備事業は平成3年に策定し、巽櫓、東御門、紅葉山庭園と順次復元整備が進み、今年度は二の丸南西隅にあたる坤櫓が完成真近となった。坤櫓8坤櫓1
構造は木造二層三階の本瓦葺入母屋造で、高さは14mと威容を誇る隅櫓です。建築工事費は 6億3千万円(内2億円が木材費)の費用を投じました。(水野)

 

9月28日(土)駿府城公園に建設中の『坤櫓』(ひつじさるやぐら)見学会が行われ水野会長と小川が参加しました。当日は午前4回・午後4回の計8回行われ約200名を超す参加者がありました。

駿府城は、古くは今川時代の館跡、徳川家康が築いた駿府城と歴史上重要な場所であり、昨年の4月から駿府公園は駿府城公園と名称が変わりました。

下層石垣は家康期のもので刻印が確認された

下層石垣は家康期のもので刻印が確認された(平成19年3月の現地説明会)

二層三階の最上段から家康も見た富士山

二層三階の最上段から家康も見た富士山

今回の『坤櫓』も歴史的遺産の保存整備を目的とした駿府公園整備計画の一貫として平成23年から平成26年3月完成予定で進んでいます。

家康が築いた駿府城は、幾度となく火災や地震などの災害により建替えが行われました。復元にあたり「駿府御城惣指図」、「駿府御城内外覚書」を元に不足部分は徳川家の城である名古屋城の西南隅櫓など現存するものを参考にして建てられています。一般公開は平成26年4月を予定されています。(小川)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください