22日からシンポ「家康の戦いと城づくり」開催

小笠山砦から高天神城方面を望む

小笠山砦から高天神城方面を望む

11月22日(日)・23日(月)に行われる当会と静岡県文化財保存協会主催の徳川家康公顕彰400年祭シンポジウム・イン静岡「徳川家康の戦いと城づくり」の開催まであとわずかとなりました。

小笠山砦の下草刈り2

小笠山砦の下草刈り2

去る10月25日(日)には、当会会員により小笠山砦及び高天神城跡の下見及び草刈りを行い、ウォーキングの準備を整えました。

諏訪原城二ノ曲輪東馬出の発掘調査

諏訪原城二ノ曲輪東馬出の発掘調査

また諏訪原城跡では最近東馬出の発掘調査が開始され、現地では発掘調査現場の見学もできるとのことで、参加者の皆さんには非常に中身の濃いウォーキングになることと思います。ご期待ください。
なお、翌23日(月)のシンポジウムについても、基調講演を行う小和田先生をはじめ、コーディネーターの松野輝洋氏、各調査班の担当者とも事前の打合せを重ね、参加者の皆さんに楽しんでいただけるようなシンポジウムになるよう、準備を進めておりますので、こちらもご期待願います。
参加予約をされた方は、22日(日)のウォーキングは午前7時50分までにJR静岡駅南口バスターミナル付近に、23日(月・祝日)のシンポジウムは午前9時15分~9時40分までに会場の「あざれあ」(JR静岡駅北口から西へ徒歩8分)2階大会議室にお越しください。くれぐれもお忘れなく!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です