平成28年度 静岡古城研究会総会 & ふじのくに山城セミナー が開催されました

平成28年度の静岡古城研究会総会と第24回ふじのくに山城セミナーが、7月17日(日)、清水テルサで行われました。IMG_7612

先ず10時から定期総会が行われ、水野会長の議事進行の下、平成27年度の事業報告と収支決算報告、平成28年度の事業計画案と予算案が承認されました。また団体傷害保険に関する条項を追加した会則の改正案も承認されました。

 次いで11時から第24回ふじのくに山城セミナーが開かIMG_7710れ、最初に記念講演「森町内の城館の所在」が、森町教育委員会の北島恵介氏、加藤雄一氏により行われました。 北島・加藤両氏は森町内の城館について、近年の調査成果も交えて 詳細な報告を行ってくださいました。また写真のように、天正5年(1577)の徳川家康による「森市場禁制」も復元して披露してくださいました。 IMG_7728

お昼休みをはさんで午後からは会員の調査成果発表です。先ず13:10から水野茂会長による「山城から見る森町飯田地域の戦国史」の発表が行われました。水野会長の発表は午前中の北島・加藤両氏の講演の内容ともリンクしており、新発見の高平山砦の話も交えながら、主として遠江中部周辺における天正期の武田軍・徳川軍の抗争と山城遺構について詳細な報告がありました。IMG_7753

続いて平井登事務局長から「なぞ解き!駿河南朝派の大津城はどこに」の発表です。平井氏は南北朝の抗争において駿河南朝派の拠点であった大津城について、同城はかつて平井事務局長が発見した滝沢城ではないか、という新説を発表しました。

IMG_7769最後に望月副会長から「伊豆西南海岸の海城」という発表がありました。望月副会長は西伊豆町にある安良里城、安城山城を特にとり上げ、両城は天正期の武田軍・北条軍の駿河湾の制海権をめぐる抗争の際には存在していたのではないか、と発表しました。

IMG_77803人の発表が終わった後、当会の名誉顧問である静岡大学の小和田哲男名誉教授からの講評をいただきました。小和田先生、どうも有難うございました。

セミナーは100名を超える参加者があり、大盛況でした。参加者の皆様にはこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。来年は小和田先生が時代考証を務める井伊直虎の大河ドラマが放映される予定でもあり、これから更に盛り上げていきたいところです。

(文責:望月 保宏)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です