第254回見学会「井伊氏の牙城・三岳城と直虎」参加報告

整備された井伊谷城本曲輪

平成29年(2017)1月15日(日)、今年年頭の見学会は、今年のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の舞台でもある浜松市北区引佐町の井伊谷とその周辺の見学会でした。大河ドラマで話題の舞台ということもあって今回も盛況で、見学者は“満員御礼”の32名となりました。

当日は、前日降った雪が残り、時折雪がちらつくものの、晴れ時々曇りのまずまずの晴天でした。

朝8時に静岡駅南口を出発したバスは、浜松西ICを出て一路井伊谷へ。先ず井伊氏の「詰めの城」ともいわれる井伊谷城に登りました。井伊谷城は大河ドラマで直虎がとり上げられると決まってから整備がされたようで、新しい看板があり、城に行く山道も整備されてありました。山頂の本曲輪周辺も、展望台が築かれたりベンチが置かれたりして、かつてよりもきれいに整備されていました。

井伊谷城を見学した後は、麓にある浜松市地域遺産センターへ。ここは見学会当日オープンということで、かなりの人出でした。ここでは、井伊谷の歴史がわかる資料が豊富に展示されており、大変よい勉強になりました。

「一の城」虎口(門跡)周辺

雪が残る三岳城本曲輪で雄大な景色を堪能する参加者

その後、今日のメインの見学地である三岳城へ。バスで三岳神社の駐車場まで行き、そこから山頂を目指したのですが、一帯は前日降り積もった雪で滑りやすくなっており、普段よりかなり苦労しながら山頂の本曲輪にたどり着きました。一行はそこで昼食をとり、雪景色の三岳城と、城から見える浜名湖周辺の雄大な景色をしばし堪能しました。その後一旦北西斜面に下り、周辺地域の城郭では珍しい石塁などの遺構を見学し、東側の曲輪、堀などの遺構をじっくり観察しました。

次に、再び井伊谷集落に戻り、渭井神社と隣接する天白磐座遺跡を見学しました。天白磐

「おんな城主直虎」のロケ地にもなった天白磐座遺跡

座遺跡は古墳時代から古代の祭祀遺跡で、井伊氏とも関係が深いといわれ、大河ドラマのロケ地にもなった所です。見学者の皆さんは磐座遺跡の神秘的な雰囲気を感じながら見学していたようでした。

次に、これまた井伊氏と関係が深く大河ドラマのロケ地として人気が急上

井伊家ゆかりの龍潭寺で乘松理事の説明を聞く参加者

昇中の龍潭寺に行きました。龍潭寺は、お客さんはかなり多かったものの多少余裕はあり、直虎をはじめ井伊家代々の当主や重臣の墓、門や建物などをしっかりと見学することができました。

最後に、当日午後にオープンしたばかりの大河ドラマ館を見学しました。

「おんな城主直虎」大河ドラマ館外観

ここはやはりオープン初日とだけあって、夕方に行ったものの人出が多く、かなり混雑した中での見学になりました。大河ドラマ館には、ドラマのセットを再現したコーナーや出演者の衣装などが展示してあり、ドラマの今後の展開にも非常に興味を注がれるようなものが並んでいました。

以上、今回の見学会は見学地も盛り沢山で、大河ドラマの世界を存分に楽しむことのできた見学会だったと思います。雪景色の三岳城も、登るのには少々苦労しましたが、十分思い出に残る風景ではなかったかと思います。(文責:望月保宏)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です