第255回見学会「謎の山城・浄福寺城と氏照」 参加報告

浄福寺裏から険しい山道を登り、本曲輪を目指す

数少ない小田野城の残存遺構を見学

本曲輪で昼食

城域北側の大堀切斜面を注意しながら下りる見学者

畝状空堀を観察する見学者

副住職様のご厚意で、浄福寺本堂を見学

貴重な仏像や曼荼羅なども文化財も見学させていただきました

3月19日(日)、春霞のうっすらと漂うまずまずの晴天のもと、「北条氏照の城郭シリーズ」の第3回目、八王子市の浄福寺城を中心とする見学会が、22名の参加者を得て行われました。

3連休の中日とあって朝から高速道路は混雑気味で、圏央道では渋滞に遭ってしまい、予定より20分程遅れて最初の見学地である小田野城に到着しました。同城は、北条氏に仕えた家臣の小田野源太左衛門の居城であるという説がありますが、土取り工事等で遺構の大半は失われ、現在は虎口状の遺構や段状に連なる曲輪の一部が残るのみです。参加者は、わずかに残る遺構や浄福寺城の位置を確認していました。

そして、11:30頃にいよいよ浄福寺に到着。お寺に挨拶を済ませた後、お寺の裏手の山道から一路本曲輪を目指しました。途中、適宜休憩を取りながら急な山道を登ること約30分。途中の竪堀や腰曲輪、虎口などを観察しながら一人の落伍者もなく、お昼には無事本曲輪に到着しました。

本曲輪で昼食を取った後、今度は東側・北側に連なる尾根の遺構を目指します。急な斜面を滑り降りるように下りたり、道なき道を歩いたり、困難なコースの連続です。それでも、連続する堀切や関東地方には珍しい畝状空堀、枡形虎口など良好に残っている遺構を目の当たりにして、感嘆の声を上げている参加者が多かったように思います。

城内を見学すること約3時間。ケガ人もなく、参加者は無事山を下りて麓の浄福寺に戻ることができました。浄福寺では、副住職の廣澤様のご厚意で本堂に入れていただき、数々の仏像や曼荼羅、襖絵、復元された駕籠等々、貴重な文化財を見学することができました。浄福寺城を築城したともいわれる国衆の大石氏に関連する物を思いがけず見学する機会に恵まれ、大変勉強になりました。副住職様はじめ浄福寺の皆様に厚く御礼申し上げます。

浄福寺城は、北条氏照の初期の居城とも、天正期の八王子城の出城的機能を果たした城郭ともいわれ、その築城年代、築城者などは謎に包まれています。参加者一行は、実際に遺構を観察しながら築城当時の状況に思いを馳せているようでした。

(文責:望月保宏)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です