第257回見学会報告

仏坂の戦いと井伊氏一門の興亡

渋川城跡遠望

今回の見学会は、本年1月の見学会に続き、井伊氏に関わる城郭とともに、武田軍別働隊の井伊谷侵攻時の激戦地、仏坂を訪ねました。
台風による天候悪化の影響で10月1日に延期・開催となりましたが、当日は9月中の猛暑もおさまり、天気もまずまずのコンデションでした。
まず、渋川城跡に向かいました。街道の分岐点を見下ろすように立地しており、東側は堀と思われる小川が流れています。付近に遺構は見られませんが、井伊共保墓と伝えられている石塔や付近に残る地名「スロウ」を表す「守楼」や「殿界戸」と書いてある立て札が建っていました。

井伊共保の墓

そこから北に少し歩くと、浜松市の天然記念物に指定されている「渋川のボダイジュ」があり、そのかたわらに渋川井伊氏の墓がありました。「殿界戸」にあったものをこちらに移したもので、8基の墓の中には井伊直親の墓とされるものもありました。

このあと、井伊直親が信州に逃れる直前に匿われたという東光院を訪れ、寺の裏にある直親の供養塔を見るとともに、ここから遠く渋川城を望み、立地を確認しました。

柿本城跡主要部

次に柿本城跡に向かいました。国道257号線の道の駅「鳳来三河三石」でバスを降り、城跡に向かいました。城跡は本丸に丸太で柵や門が復元されるなど整備されていますが、虎口、堀切などの防御遺構はなく、武田軍の侵攻に整備が間に合わず開城した話が裏付けられるようでした。

柿本城跡から戻って満光寺に立ち寄りました。寺の方から寺の裏にある庭園などについての説明をしていただきました。

 

ふろんぼ様

井平城跡石碑

井平井伊氏の墓

この後は、当日のメインである旧鳳来寺道を歩いて井平城跡に向かいました。
新東名高速道路「浜松いなさIC」近くの国道257号線沿いにある前嶋屋付近から山に入り、途中、「亀之丞かくれ岩」や「新ふろんぼ様」、「ふろんぼ様」そして仏坂観音堂といった仏坂古戦場の関連史跡を見学しました。戦いに関わる遺構は特にありませんが、三方原合戦の前哨戦であるこの戦いが行われたというこの地の雰囲気を味わいました。さらに旧鳳来寺道を進み、北側から井平城跡に向かいました。井平城は北側に防御遺構がなく、武田軍の侵攻には無力であったと考えられます。現在も民家がある本曲輪の背後には堀切等の防御施設はなく、下段に向かって曲輪が並んでいるだけの構造で、見学者の中からも城としての機能に疑問の声があがっていました。続いて、近くにある井平氏の墓所に立ち寄りました。ここには井伊直平の末子といわれる井伊河内守直種とその妻、小田原合戦で戦死した子の弥三郎の墓がありました。

最後に、時間に少し余裕があったので、大河ドラマで人気となった小野但馬守政次の墓といわれる石碑を見学しました。もともとは桶狭間の戦いでの戦死者の供養塔と伝えられていましたが、最近、そのように言われるようになり、看板も建てられていました。

参加者は16名と当初申込みよりかなり減ってしまいましたが、渋川井伊氏の本拠の風景や戦国期の典型的な城とは異なる城を見学し、武田軍別働隊の想定侵攻ルートの一部を体験することで、さらなる考察が深まったと思います。(文責:澤田孝治)