第258回見学会のご案内

井伊家の大恩人 新野左馬助と新野郷の山城

左馬助を祀る左馬武神社

 大河ドラマ「おんな城主直虎」で、井伊家の大恩人の役どころとなっている新野左馬助公は、“今川系新野氏”といわれます。本領が御前崎市の新野郷にあったことから、同市では佐馬助公ゆかりの史跡を活かしたプロジェクト事業を展開しています。とりわけ、山城群は見学しやすく整備され、また、本会の前名誉会長・故 鈴木東洋氏の邸宅も「新野左馬助公展示館」として再利用され諸資料を公開しています。
昨年度の「ふじのくに山城セミナー」で、森町一宮地区の7つもの密集した山城についての研究成果が発表されましたが、同様に新野地区にも隣接し合う6つの山城が確認されています。同地区周辺の戦国抗争史からこの山城群は、天正2年(1574)以降の武田vs徳川による高天神城の攻防戦との関係が考えられています。ただ、裏付ける史料・文献が少なく仮説の域ではあるものの、武田方による策源地(後方支援基地)としての築城が有力視されています。保存状態の良好な遺構から、諸賢の考察・検証による新たな見解も期待したいところであります。

  • 実施日:平成29年11月19日(日曜日) *小雨決行
  • 見学先:篠ヶ谷砦・八幡平の城・舟ヶ谷の城山・新野左馬助公展示館・左馬武神社・天ヶ谷の城平〔脚力レベル: 3/5〕
  • 参加費:会員5,000円・非会員5,500円  当日朝バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス 〔集合場所:静岡駅南口・ロータリ交差点付近〕
    大井川以西の参加者はJR菊川駅南口に集合
  • 身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当飲物類
  • 担 当:水野会長・各務理事
  • 申込み:こちらから(非会員の参加も大歓迎)定員(28人)になり次第締め切り
  • 日 程:8:00 静岡駅南口出発 → 東名・静岡IC → 8:15 日本坂PA下り(トイレ休憩) → 8:50 東名・菊川IC → 9:00 JR菊川駅南口(大井川以西の参加者集合場所)→ 下平川 → 磯部 → 新野原 → 9:25 篠ヶ谷砦 → 八幡平の城(相慈院で昼食) → 舟ヶ谷の城山 → 観光案内所「よってまいか」(休憩)→ 新野左馬助公展示館 → 左馬武神社 → 天ヶ谷の城平 → 15:40 出発 →  16:00 JR菊川駅南口 → 16:10 東名・菊川IC → 16:40日本坂PA上り → 東名・静岡IC → 17:00 静岡駅南口帰着

【新野郷の地理的、軍事的環境】

八幡平の城 本曲輪

新野郷は駿河湾に面する相良(港)から真西に約8㎞の内陸に位置し、武田VS徳川の争奪拠点である高天神城へは、さらに真西へ約8㎞と最も近距離で移動するためのライン上に当たる。このことは、天正2年以降の武田勝頼にとって遠江支配の実権を死守するうえで戦略上重要な策源地になり得たことを意味している。

定説的に「篠ヶ谷砦」「八幡平の城」「舟ヶ谷の城山」「天ヶ谷の城平」と信玄期から勝頼期にかけての城域拡大により、あるいは城郭研究者の考察分類により4つに分けられる城砦群であるが、現存する遺構から総体的に高天神城の陥落とほぼ同時期に運用された縄張りと捉えられるようである。

舟ヶ谷の城山遠望

天ヶ谷の城平 本曲輪

ライン上にあって、西の高天神城側(天ヶ谷・舟ヶ谷)に従い標高を下げつつ戦闘的構造が強化され、標高を上げた東側(八幡平・篠ヶ谷)は広域から参集する軍勢の収容と陣立てを主な機能とみる水野会長の見解は説得力がある。
(平井)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です