第260回見学会報告

岩殿城で集合写真

実施日:平成30年3月18日(日) 天候:晴れ 参加者:26名
担当者:乗松理事、澤田理事、小川理事

岩殿城とふれあいの館

3月の見学会は、武田氏滅亡を決定づけた裏切りで有名になってしまった小山田氏の関連する城郭3ヶ所を訪ねました。静岡からバスで出発。東名高速道路、御殿場ICから国道138号線、東富士五湖道路、中央高速道路を経て大月ICで降り、大月市民会館でバスを降りて現地集合の方々と合流し、さっそく岩殿城へ向かいました。麓から見る岩殿山は切り立った岩盤の壁が来る者を拒むかのようで、整備されているとはいえ、登山道はかなり厳しく体力を消耗しました。揚城戸とよばれる岩場を利用した虎口を抜けると山頂に至ります。山頂部には物見台、馬場、倉屋敷、狼煙台(本丸)とされる場所があるものの遺構はほとんど見られません。

岩殿城揚城戸跡

この城で見どころといえるのは本丸の東にある2条の堀切ですが、事故防止のため進入禁止となっていたため、手前から眺めるのにとどめました。下見の際は問題なく見ることかできただけに大変残念でした。馬場の下方にある2つの池を見学の後、昼食をすませ、記念撮影をして下山しました。山頂からの眺望はすばらしく、南西方向に雪を頂いた富士山もくっきりと見え、参加者は盛んに写真を撮っていました。次に、岩殿城の北方にある駒宮砦に向かいました。この砦に行くには北からと南からの2つのルートがありますが、バスの乗り入れの制約もあり、南からのルートをとりました。途中からは道も定かでない斜面を直登することになり、参加者は長い列になってゆっくりと登っていくことになりました。この砦は烽火台ともいわれていますが、意外と広い城域、堀切など良く残る遺構を観察すると、街道を監視する役目をもった砦であろうと思われます。参加者は興味深げに城域を隅々まで見て回っていました。

勝山城本丸

見学会の最後は、数年前にも当会で訪れた勝山城を訪ねました。本丸までの途中には南に張り出した川棚見張台をはじめ、三の丸、二の丸や帯郭などがあり、本丸への道沿いには石垣も見られます。本丸からの眺望は岩殿城同様すばらしく、眼下には居館があったとされる谷村の街並みが見えました。本丸からは北尾根に向かい、途中堀切を経て大沢の見張台まで行き、この後、本丸西直下を廻る内堀を辿り下山しました。当日は、当会顧問の小和田先生も参加され、レクチャーもしていただき、大変有意義な見学会となりました。(文責:澤田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください