最新レポート発表会のご案内

平成30年度の新規事業「最新レポート発表会」のご案内をいたします。
この事業は、会員及び一般市民に対し、あらためて城郭研究の意義と文化的価値を理解していただき、併せて研究活動における調査の醍醐味や課題等を知っていただくことを主目的としています。第一回目となる今回は、始めて登場する若手会員3名の活動成果または興味対象についての発表をメインにしていますので、どうぞ今後の活躍に期待を込めたエールをおくっていただきますよう、多数のご参加をお願いいたします。

 

 

  • 日  時:平成30年9月23日 (日) 12時50分から受付 1時20分 開会
  • 会  場:藤枝市産学官連携推進センター・静岡産業大学藤枝駅前キャンパス
    「BiViキャン」一階の講義室とセミナールームを全面使用(収容100人)藤枝市前島1丁目7-10  TEL:054-639-7164
  • 交 通:<電車> JR藤枝駅・南口より徒歩で約1分
    <駐車場> BiVi(藤枝市立駅南図書館)の有料立体駐車場が利用できます。
  • 参加費:無料(発表者のレジメ資料を当日受付にて配布します)
  • 申込み:不要、先着順・直接会場へ
    ※会員には、当日の参加者把握のため申し込みをお願いします。
    ◎会員の参加申込みはこちら
  • 締切日:9月15日(土)までに必着

内 容・日 程

  • 静岡古城研究会「最新レポート発表会」
  • 受付:12時50分から ※会員、一般参加者は受付でご記入願います。
  • 参加費:無料(受付でレジメ資料を渡します)

 開会:午後1時20分(総合司会・副会長 望月保宏)
あいさつ:会長 水野 茂

Part 1〈発表〉※1人30分の持ち時間で大型スクリーンに投影しながら発表

Report 1(13 : 30 〜 14 : 00)発表者・鈴木晃太朗「駿東郡の深沢城について」
◎北条と武田の争奪戦地「深沢城」の魅力を色々な観点から探ります!

Report 2(14 : 05 〜 14 : 35)発表者・金刺信行「富士郡の間門城について」
◎天文期の河東一乱か永禄期の武田に備えた北条方陣城の謎に迫ります!

Report 3(14 : 40 〜 15 : 10)発表者・小高巳季彦「利根郡の長井坂城について」
◎「長井坂城」の解釈手法を話しつつ、戦国城郭の魅力を紹介します!

Report 4(15 : 15 〜 15 : 45)発表者・平井 登「志太郡の滝沢城について」
◎伝説・遺構・史料から二城一連式構え「滝沢城」の真実を紐解きます!

Part 2〈談論〉(15 : 55 〜 16 : 40)
※縄張り研究の大家・水野 茂会長のコーディネートにより、Part 1で発表した内容についての質疑応答と発表者4名の研究への取り組み模様や究めたいテーマなどを楽しく談論します。

  • 〈テーマ〉   だれでも楽しめるフィールド歴史学
    ― 知的好奇心と探求心で究める山城の魅力とは ―
  • コーディネーター:水野 茂
  • パネラー:発表者4名(鈴木・金刺・小高・平井)

閉会:午後4時40分
★その他  受付にて、古城62号、61号、60号、縄張図集成台帳(駿河国版・遠江国版)のみ販売予定です。

◎懇親会 閉会後、5時30分頃より藤枝駅前の居酒屋にて懇親会を予定していますので、ご希望の方は当日、各務理事にお申し出ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください