最新レポート発表会の報告

9月23日(日)開催の新事業「最新レポート発表会」について報告。

開放的なBiViキャン

司会の望月副会長

会場となったBiViキャンは、藤枝駅南口から歩いて1分で、駐車場も完備した交通の便のよいところです。一階の講義室・セミナールームはガラス張りで,他の目的で訪れた人からも見える開かれ場所でした。会員27名、非会員をあわせ延べ77名(受付記名者のみ)の参加者でした。4人の発表者がそれぞれパワーポイントを駆使して報告をしています。以下、概要について順を追って述べます。

鈴木晃太朗さん

1.駿東郡の深沢城について 三島市の鈴木晃太朗さんの発表です。高校3年生で、受験勉強の合間で資料を作成したとのことです。すでに城めぐり歴は8年に達し、縄張図作成はもとよりジオラマまで制作しています。発表は正統派で、まず文献史料を検討し、縄張図からの分析を行ない、写真で説明がされました。単に遺構を紹介するだけでなく、自らの考察を深めていました。

 

 

金刺信行さん

2.富士郡の間門城(夷城)について 当会理事で富士宮市在住の金刺信行さんの発表です。新聞記者をやっているだけに、わかりやすい資料を作成していただきました。間門城(夷城)については、すでにこれ以上の遺構はなく、性格もよくわからないと思われていました。しかし、ていねいに聞き取り取材し、地元の資料から小字を掘り起こしていきました。その結果、新たな遺構の確認ができたことが報告されました。地名だけでなく、大堀切が再発見されたことで、城域が700mにわたる広大なものであることがわかりました。そして文献からの使用がありそうな時期を検討し、河東一乱の時の使用と武田北条の抗争期にしぼり、規模から後者であるとの見解が示されました。

小高巳季彦さん

3.利根郡の長井坂城について 神奈川県厚木市の会員・小高巳季彦さんの発表です。当会が昨年の一泊見学会で尋ねた群馬県の長井坂城についての考察です。見学会の時、小高さんは遺構を観察した結果、既存の解釈との食い違いを感じたとのことです。そこで、今年度の『古城』でその見解をまとめています。今回の発表はそれをふまえたものですが、定説である北条氏築城説を平面構造解釈や街道との関係で覆していきます。また、北条氏の軍事行動から中山築城以前に北条氏以外が築城したという見解が示されました。

平井登さん

4.志太郡の滝沢城について 藤枝が地元の平井登事務局長の発表です。家のすぐ近くにある滝沢の古城址について、地理的環境や地誌にある伝承さらに遺構の特徴から、南北朝期のものと特定していきます。観応の擾乱のとき、駿河では3つの城郭戦がありました。32日間を要した薩埵山の対峙、20日間をかけた大津城の攻防、そして15日間戦われた徳山城攻防戦です。大津城攻は現在、島田市野田の城山に比定する説が有力ですが、とても20日間の攻防をする城の跡とは思えません。また島田東光寺への禁制から今川氏の進撃路が推測されます。そこで滝沢の城山こそが「大津城」であったと推測できます。たいへん説得力がある説でした。

談論の様子

発表の後、水野会長をコーディネーターとしたパネルディスカッションが行なわれました。かなり突っ込んだ質問もありましたが、発表者は自分の解釈を答え、単なる遺構の報告ではなく、深く考えられたものであることがわかりました。(文責:川村晃弘)