第263回見学会報告

今川義元公生誕500年プレ事業
今川義元の田原城攻め

実施日:10月21日(日)
天候:晴れ
参加者:24名
担当者:川村、齋藤、澤田

今回の見学会は、今川義元公生誕500年プレ事業として、今川義元の東三河侵攻における最初の標的となった戸田氏に関連する城郭を訪ねました。

二連木城址

 

静岡からバスで出発。東名高速を豊川ICで降り、途中、吉田城をバスから見ながらまず二連木城に向かいました。城の西にある東田神明宮でバスを降り、城跡である大口公園に向かうと、北に張り出した台地の先端部分に立地していることがよくわかります。現地は公園を囲むように土塁が残っています。

 

次に、見学会開催直前に吉田城の見学が時間的に難しいことがわかったため、予定を変更し大崎城に向かいました。往時、城の西直下は三河湾でしたが埋め立て地になっています。中世から近世まで使われた城郭ですが、城の東側には江戸期に陣屋が置かれたり、戦前、主郭に海軍の地下壕が築かれたりしています。発掘調査も行われましたが、残念ながら現在はほとんどが藪となっており見学は難しくなっていました。

大崎城址

主郭東にある幸稲荷神社で昼食をとったあと、主郭との間の深さ10m近くの大きな堀を中心に見学しましたが、一部の人は藪をかき分け土橋から主郭に進入していました。

次に、大津城(高縄城)に向かいました。大津城は戸田氏が初めて渥美郡で本拠を構えたとされる場所ですが、現在はほとんどが学校の敷地となっているなど事情があり、校門付近に建てられた標柱を見学するにとどめました。

次に今回の見学会のメインである戸田氏の本拠田原城に向かいました。
現在は大部分が市街地化されており、遺構が残るのは限られた部分ですが、その中でも顕著なのは三の丸と本丸との間の大きな堀切です。桜門から入ってこの堀切を見学後、現在は巴江神社が建つ本丸に進み、左手に土塁を見ながら神社の背後にある稲荷社の方に向かい本丸の最北端を見ました。そして二の丸にある博物館を見学後、バスで大手道を経て惣門跡を通り、最後の見学地として戸田氏の墓所がある長興寺に向かいました。

長興寺には戸田氏の菩提寺で歴代の墓所がありますが、戸田氏と姻戚関係にあった九鬼守隆の墓所や戸田宗光を猶子としたといわれる一色七郎の小さな石塔もありました。また、墓所の前には戸田氏の最大版図を示す掲示板が建っていますが、残念ながら消えかかっていました。

帰路は海沿いの表浜街道を通り、遠州灘を望みながら浜名湖の東を北上し浜松西ICから東名高速に入るルートで静岡へと戻りました。

 

当日は、時代考証や『今川氏滅亡』などの著書で知られる大石泰史先生も参加され、大変有意義な見学会となりました。(文責:澤田)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください