第263回見学会ご案内

今川義元公生誕500年プレ事業Ⅱ
今川氏の西三河制圧と山中城、岡崎城
― 三河山中城・小豆坂合戦場跡・岡崎城 ―

来年、静岡市・静岡商工会議所の主催で「今川義元公生誕500年祭」が開催されます。本会もそれに迎合する事業として、先月の「今川義元、東三河の田原城攻め」を行いました。そして今回は、義元の西三河制圧に伴う織田信秀との小豆坂合戦と山中城跡、岡崎城跡を訪ねる予定です。

山中城については、今川氏による築城を検証し、岡崎城では、文化財保護審議会委員でもあります奥田敏春氏に特別講師をお願いし、近年の発掘成果や整備事業等についてご説明をいただきます。また、行程上の時間が許す範囲で、徳川家康の最大ミステリーである「信康事件」に関わる史跡も訪ねたいと考えていますので、奮ってご参加ください。

  • 実施日:平成30年11月18日(日曜日) *雨天決行(要雨具)
  • 見学先:愛知県岡崎市 山中城跡・小豆坂合戦場跡・岡崎城跡など
    〔脚力レベル: 2/5〕
  • 参加費:会員6,000円 非会員6,500円  当日朝バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス(あずき色のボディカラーが目印)
  • 乗車地:静岡駅南口・スクランブル交差点 石田街道沿い左手(東側)付近
  • 身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当飲物類
  • 担 当:水野会長・各務理事
  • 申込み:参加申込みはこちら
  • 締切り:11月13日(火)迄に必着。
  • 日 程:8:00 静岡駅南口出発 → 東名・静岡IC → 8:15 東名日本坂PA下り
    ※乗車希望の東名PAを申込の際、明記してください → 10:00 東名・音羽蒲郡IC →10:30 ~ 16:00の間に見学先を順次探訪 山中城跡(昼食) →  小豆坂合戦場跡 → 岡崎城跡 → 三河武士のやかた家康館
    →16:20 東名・岡崎IC → 各東名PA → 東名・静岡IC → 18:30 静岡駅南口帰着

【山中城】愛知県岡崎市羽栗町・舞木町
三河山中城は松平氏の居城で、県下最大級の規模をもつ山城です。もともとは西郷信貞の居城でしたが、徳川家康の祖父にあたる松平清康に攻め取られました。しかし、天文4年(1535)12月5日、いわゆる「守山崩れ(森山崩れ)」で清康が家臣によって殺されると山中城は今川氏の西三河攻略の拠点となりました。松平氏の勢力は衰退しますが、「桶狭間の合戦」後に、今川氏から独立した家康によって再度奪取されました。家老・酒井忠次が城主となり、今に残る城の姿に改修されましたが、徳川氏の関東移封にともない廃城となりました。現在、城址には山頂付近を中心に、空堀、曲輪、土塁等の遺構がたいへん良く残っています。

岡崎城】愛知県岡崎市康生町
竜ヶ城とも言います。愛知県岡崎市にある平城で、元々は西郷氏の居城として築城されましたが、のち松平氏に移りました。大永4 年(1524)、松平清康が西郷信貞より譲られて入城。孫の徳川家康のとき、大改築され、その後、徳川氏が、浜松、次いで江戸とその居城を移してからは、家康の一族または譜代の重臣である田中、水野、本多の諸氏に受継がれ、版籍奉還まで続きました。明治に入って取り壊されましたが、昭和34年(1959)に、3層の天守閣が復興されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください