第265回見学会ご案内

今川氏の境目の城

ー尾奈砦・宇津山城・境目城・船形山城ー

春のおとずれとともに、山城めぐりが楽しくなる季節となりました。会員の皆さまにおかれましては、ますますご清栄にお過しのこととお喜び申し上げます。
本年、各地で開催される「今川義元公生誕500年祭」の記念事業に呼応するように本会でも昨年10月の東三河攻め、11月の西三河制圧と連続した見学会事業をおこなっています。そして今回は、「今川氏の境目の城」をテーマに、三河と遠江のまさに境目に築かれた尾奈砦・宇津山城・境目城・船形山城を訪ねます。今川氏の兵站基地としても活用された尾奈砦、東三河の国人領主戸田氏と争奪戦が行われた船形山城を、そして「宗長手記」にも登場する宇津山城等をじっくり堪能していただきます。
どうぞ、ふるってご参加くださいますようお願い致します。

実施日:平成31年3月17日(日曜日) *小雨決行、大雨の場合は見学先を変更。
見学先:〈湖西市〉尾奈砦・宇津山城・境目城 〈豊橋市〉船形山城
    〔脚力レベル:4/5〕
参加費:会員5,000円・非会員5,500円  当日朝バス内で集金 
乗り物:市沢バス(あずき色のボディカラーが目印)
出発地:静岡駅南口・スクランブル交差点 石田街道沿い左手(東側)付近
身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当飲物類
担 当:乗松理事・小川理事 
締切り:3月11日(月)
申込み:参加申込みはこちら
日 程:8:00 静岡駅南口出発 → 東名・静岡IC → 8:15 日本坂PA下り等、乗車希望の東名下り線PAを申込の際、明記してください → 9:00 三方ヶ原SA(トイレ休憩等)→ 9:30 東名・三ケ日IC → 10:00 ~ 15:40の間に見学先を順次探訪
 尾奈砦跡 → 船形山城跡 (昼食)→ 宇津山城跡 → 境目城跡
→ 16:10 東名・三ケ日IC → 16:20 三方ヶ原SA → 各東名PA →
東名・静岡IC → 18:30 静岡駅南口帰着・解散

〔 見学先の概容 〕
【尾奈砦】浜松市北区三ケ日町下尾奈
当城は浜名湖北岸の猪鼻湖入口西側尾根上の本城山に築かれ、西側の三河との国境まで僅か5㎞程の位置にあり、南側の浜名湖対岸2㎞に三河進攻の拠点「宇津山城」、北東側、猪鼻湖対岸3㎞には「佐久城」を望むことが出来る国境の警護を目的とした境目の城である。天文16年(1547)の田原城攻めには「日々沢城」とともに兵站基地としても使用されている。この城は単郭式の縄張りで西尾根上の縄張りは技巧的でこの城の見どころである。
【船形山城】 豊橋市雲谷町字上ノ山
 当城は、静岡県境の弓張山地から東へ派生した船形山上に築かれ、城跡の北東尾根続きには「鎌倉街道」と呼ばれる峠道が存在し、城跡南東の山腹から麓にかけては平安~戦国期に存在したと考えられる普門寺の旧伽藍跡がある。
永正14年(1517)に今川方の境目の城館として多米又三郎が在城していたが、戸田氏の攻撃を受けて落城。その後、今川方の反撃により戸田氏らは撃退されている。永禄7~11年(1564~68)頃には小笠原氏が徳川家康の命を受けて守備についている。主郭は南側を除いた三方に土塁が巡る(ただし、東端部は鉄塔建設時の削り残した痕跡とも考えられる)。主郭北東斜面下の堀切、主郭のへの虎口、南尾根上の堀切状遺構等峠道と絡む遺構が興味をそそられる縄張りである。
【宇津山城】 湖西市入出字城山
 当城は、浜名湖西岸の湖に突き出た独立丘陵に位置している山城である。丘陵は秩父古生層からなる岩山で、丘陵の西側に標高50mの高山、東側に正太寺鼻の標高25ⅿほどのなだらかな城山と呼ばれる高低差のある地形となり、北・東・南の周囲三方が天然の水堀となっている。西側に丘陵が続き、三河国との国境となる湖西連峰の山並みに至る。当城が文献に登場するのは、宗長の記録『宗長手記』である。宗長が宇津山城を訪れたのは大永7年(1527)の4月のことである。記録からは、今川氏親の家臣長池六郎左衛門親能が大永年間に堀切や竪堀を配して築城したことがわかる。享禄年間(1528~1532)以降は、朝比奈氏が三代にわたって城主となっている。永禄11年(1568)12月12日酒井忠次を先鋒に徳川の遠江侵攻が開始され、12月15日宇津山城はあっけなく落城してしまう。その後、徳川氏の手によって改修され戦略的価値を終えた天正9年(1581)頃廃城となった。
【境目城】 湖西市吉美字川尻
 永禄10年(1567)三河の地を失った今川氏が徳川家康の遠州侵出を阻止せんとして、三遠の国境である吉美の妙立寺を撤収して、曳馬城の前衛基地の一つとして益田信濃守、水野惣兵衛を普請奉行として築城したものである。しかし、永禄11年徳川方の酒井忠次勢によって攻略され落城した。明治19年東海道本線敷説にその用土として、取り崩され、現在はその大部分が畑、宅地となり南西部の一部が当時の面影を留めているのみである。朝比奈氏の守る宇津山城とは近距離にあり、徳川氏に対する軍事的補強をするための城であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください