第266回見学会(一泊二日)のご案内

「常陸南部の城 - 北条氏・佐竹氏の抗争の舞台を訪ねる -」

   

 現在の茨城県南部にあたる常陸南部~下総北部地域は戦国期、小田原北条氏の支配領域の東端にあたり、常陸北部~中部に勢力を拡大しつつあった佐竹氏との抗争の舞台となった。その抗争に関わった城跡を訪ね、それぞれの城郭の縄張りの特徴について考察する。

  • 実施日 平成31年(2019) 4月20~21日(土~日)
  • 見学地 【1日目】守谷城(守谷市)、牛久城(牛久市)、木原城(美浦村)、塙城(阿見町)【2日目】小幡城(茨城町)、小田城(つくば市)、逆井城(坂東市)
  • 宿泊地  ホテル東横イン水戸駅南口  茨木県水戸市桜川2-3-40
  • 担当者  望月保宏・平井 登・松永澄尚 
  • 参加費  会員 23,000円、非会員 24,000円
  • バ ス  市沢バス(28人乗りバス)※定員になり次第締め切ります
  • 締切日 平成31年4月10日(水)
  • 日 程(予定)※雨天決行 ※いずれも平城ですので見学は楽です!

【1日目】  7:30 静岡駅南口集合、出発 ⇒  7:40東名静岡IC

8:10 富士川SA ⇒  8:40 足柄SA (東名→首都高速→常磐道 谷和原IC)

11:30~12:45 守谷城見学(昼食) ⇒  13:30~14:15  牛久城見学

15:00~15:30 木原城見学 ⇒  16:00~17:00 塙城見学
(常磐道桜土浦IC→水戸IC)

18:30 ホテル着 東横イン水戸駅南口(℡ 029-221-1045)

19:00~21:00  懇親会(水戸駅北口近く「満月城」2h飲み放題)

【2日目】  8:15 ホテル発

 9:00~10:30  小幡城見学(常磐道岩間IC→土浦北IC)

11:30~13:00  小田城見学(昼食)⇒ 13:45~14:45  逆井城見学

(圏央道 境古河IC→東名)

18:00 足柄SA ⇒ 18:30  富士川SA

19:00 東名静岡IC ⇒ 19:10  静岡駅南口着、解散

見学先の概要

【守谷城】 築城年代は定かではないが相馬氏によって築かれたと云われる。 大永5年(1525)には相馬因幡守が守谷城を居城としていたことが確認されている。戦国時代には古河公方に従い梁田氏の配下となっていたが、小田原北条氏の勢力が伸びてくると梁田氏は北条氏に降り、このとき守谷城は北条氏によって接収された。北条氏は永禄11年(1568)に守谷城を改修している。当初は古河公方足利義氏の御座所となるような話もあったようであるが、結局実現しなかった。天正18年(1590)北条氏は豊臣秀吉によって滅ぼされ相馬氏もまた没落した。城は低湿地帯に突き出す台地に築かれており、現在は守谷城址公園となっている。公園には大きく三つの曲輪があり、それぞれ大きな空堀で区画されている。中央の曲輪には土塁や虎口、土橋などが確認できる。

守谷城Ⅳ郭・Ⅴ郭間の堀切

【牛久城】岡見氏によって16世紀半ば頃に築造された。同城は後北条氏と佐竹氏との境目にあり、三方を沼に囲まれた平山に北条流の築城技術を取り入れて造られている。 天正年間、多賀谷氏と岡見氏の係争の舞台となり、多賀谷氏を支持する佐竹氏と、岡見氏を支持する北条氏の間での対立の地ともなり、堅城として知られた。 天正14年(1586)から翌年にかけて、下妻の多賀氏によって、岡見氏の有力支城である谷田部城と足高城は落城させられたが、牛久城は同盟する布川城の豊島氏、小金城の高城氏などの援軍を得て守りきった。その後防衛のため城主岡見治広は北条軍の駐留を許す事になる。しかしながら、牛久城は天正18年(1590)に豊臣秀吉軍の小田原攻めの際開城に至った。 そして、秀吉は由良国繁を牛久城主としたが、関ヶ原の戦い後の元和9年(1623)に廃城となった。

牛久城Ⅱ郭北側の堀

【木原城】築城年代は定かではない。 永禄5年(1562年)には江戸崎城主土岐氏の家臣近藤薩摩守が木原の地に取り立てられており、この頃には木原城が築かれていたといわれる。軍記物などでは天正2年(1574)に小田氏の家臣江戸崎監物が佐竹氏に寝返り、木原城は攻められて落城、天正11年(1583)には葦名盛重など佐竹軍によって攻められ落城、天正18年(1590)豊臣秀吉による小田原征伐で木原城主は江戸崎城とともに北条方となり落城、と三度落城しているが、『図説 茨城の城郭』によれば、発掘調査では焼土や土塁の作り直しなど激しい戦闘の痕跡は確認されていないという。また同書では、土岐氏あるいはその家臣である近藤氏といった小勢力が、現状のような巨大な城郭を築いた背景として、永禄6年(1563)に土岐氏と小田原北条氏が同盟関係となり、天正元年(1573)に佐竹氏が小田氏の支城である宍倉城や戸崎城を攻め落とし、土岐氏の勢力範囲と隣接するにあたって北条氏が土岐氏を支援した結果ではないかと推測している。

木原城展望台よりⅡ郭方面を望む

【塙城】阿見町塙の小字「たて」を中心として、台地の突端部に築かれた城で、遺構が良い形で残存している。特に「たて」の地には本郭、二の郭があり、土塁、空堀、帯郭、隅櫓跡などが見られる。この北側には、低地をはさんで丘陵があり、この丘陵には三重構造の空堀と土塁が残っている。このことから、低地は家臣団の居住区と判断され、また地形から水の手とも考えられる。「たて」の地名からみて、本郭、二の郭の地は古い時代に館として築かれ、戦国後期の土岐氏の時代に、堅固な戦国様式の城郭に改造されたと推察され、本郭北方の三重の堀も新しい構築だと思われる。土岐氏による改造の時期は、永禄5年(1562)に木原に近藤氏が入った後で現在の阿見町域が土岐領に帰した頃、すなわち永禄前期と推定される。

塙城主郭周辺

【小幡城】寛政川の右岸に開析された舌状台地の先端に位置する。この地は常陸国府(石岡市)から水戸方面に通じる陸前浜街道の途上にあり、街道の中継地点であった。構造は7つの曲輪から構成される。大手はⅦ郭の西側にあり、道なりに進むと虎口に至る。Ⅰ郭(本曲輪)は東西約80m、南北約50mの規模で周囲を土塁に囲まれ、巨大な空堀を隔てて西にⅤ郭、東にⅢ郭が接する。Ⅴ郭には櫓跡と思われる遺構がある。Ⅰ郭の虎口は南側にあり、土橋状の遺構を通じてⅣ郭につながる構造となっている。城郭史については地域の土豪である小幡氏の居城であるとされているが不明な点が多く、謎の多い城である。発掘調査により15世紀代に遡る遺構・遺物が認められることから、築城は15世紀代と考えられている。茨城県内の中世城郭で、小幡城ほど保存状況が良く、巨大な遺構をもつ城郭は見当たらず、中世城郭の雰囲気を味わうには格好の城である。

小幡城Ⅵ郭東側堀

【小田城】宝篋山の南西の尾根のふもとに造られている東西約1km、南北約700mの平城である。戦国時代は湿地帯であったので、城附近の堀のほとんどが水堀であったと思われるが、現在は多く水田になっている。城の中心部に東西120m、南北140mの方形の主郭があり、土塁と濠に囲まれている。土塁の西・東・南の隅には櫓台が認められる。主郭周辺の郭には、馬出しや帯曲輪跡がある。濠や土塁には、随所に折りや喰違いがあり、虎口には馬出しの他に枡形も見られる。同城は鎌倉期から戦国期まで小田氏の居城であり、その始まりは小田氏の祖・八田知家が文治元年(1185)に常陸国守護に任命されて当地に移って居館を構えたことによると言われる。 その後、南北朝期には、当主・小田治久が南朝方に属し、小田城は常陸南部における南朝方の拠点となり、北畠親房なども入城している。 下って戦国時代の弘治・永禄年間、当主小田氏治は佐竹氏・多賀谷氏・真壁氏や越後の上杉謙信、小田原の後北条氏らと抗争を繰り返した。氏治は永禄12年(1569)の手這坂の戦いに敗れ、小田城は佐竹氏のものとなり、翌元亀元年(1570)に太田資正が城主になり、同3年(1572)に資正の子の梶原政景が城主になった。のち、佐竹氏の一族・小場義成が城主になったが、慶長7年(1602)に佐竹氏の秋田移封に伴い廃城になった。

小田城主郭南東土塁上より筑波山方面を望む

【逆井城】北側に西仁連川用水を臨み、西に入江だった蓮沼が存在する台地の先端上に位置している。江戸時代前期以前には飯沼という南北30kmに広がる沼が城の北方に存在しており、城はこの沼の歪曲部に位置していた「後ろ堅固の城」でもあった。同城の築城は享徳年間ごろといわれる。小山義政の五男・常宗がこの地を領して逆井氏を名乗り、この城を居城にしたという。しかし常宗の孫・常繁のときの天文5年(1536)、古河公方方であった逆井氏は後北条氏と対立したため、後北条方の大道寺盛昌の攻撃を受け同城は落城、逆井氏は滅亡したと伝わるが、落城時期には異論もある。後北条氏の勢力下に入った逆井城は、天正5年(1577)同氏の最新の技術が投入され、「飯沼城」として生まれ変わった。同城には玉縄城主北条氏繁が入り、下野・常陸方面への侵攻の最前線として佐竹氏・多賀谷氏などと対峙した。翌天正6年(1578)氏繁は同城で没し、その後を子の氏舜・氏勝兄弟が継いだが、同18年(1590)、豊臣秀吉による小田原合戦で後北条氏が没落したのに伴い、廃城となった。城跡は発掘調査の後城址公園として整備され、井楼櫓や土塀などが復原されており、往時の姿を偲ばせてくれる。

逆井城復原櫓及び土塀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください