第268回見学会ご案内

奥伊豆の海城-白水城と下田城

令和2年最初の見学会は奥伊豆(伊豆南部)沿岸部に築かれた白水城と下田城を探訪します。白水城は15世紀後半から末頃の戦国時代初期、下田城は16世紀後半の戦国時代末期に築かれたといわれており、それぞれの縄張構造の特徴を比較し水軍を擁する「海城」の性格および構造の変遷を考察していきます。ぜひ御参加ください!

実施日:令和2年1月19日 (日) *小雨決行、悪天候(積雪等)の場合は見学先変更あり
見学先:白水城(南伊豆町)、下田城(下田市)
参加費:会員5,000円/一般6,000円
乗り物:市沢さんのバス(白/オレンジ色のバス)
乗車地:静岡駅南口・スクランブル交差点 石田街道沿い左手(スルガ銀行付近)
身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当飲物類
担 当:望月会長・宮川理事
申込み: 参加申込みはこちら
締切日:1月14日㈫
日 程
8:00JR静岡駅南口出発 → 8:10東名・静岡IC → 8:30★富士川SA上り → 8:50東名沼津IC(→伊豆縦貫道)→ 9:15★道の駅伊豆ゲートウェイ函南 → 10:30★伊豆急河津駅 →11:30~15:30白水城→下田城の順に見学(白水城にて昼食)→ 16:00伊豆急河津駅 →17:30道の駅伊豆ゲートウェイ函南 → 18:25富士川SA下り → 18:45静岡IC → 19:00静岡駅南口着・解散
※途中乗車(上記3箇所★印)を希望される方は明記して下さい。

〈見学地の概要〉 
【白水城(長津呂城)】
石廊崎港の東側にそびえる鍋浦山の標高約60mの山上に築かれた城郭で、遺構が明確に認められる城域の範囲は東西約130m、南北約120mの規模となっている。主要部は、山頂部を本曲輪(主郭)とし、南東‐北西に曲輪が連なる連郭式の構造を呈している。 それらの曲輪には東~北側には高い土塁が築かれており、一部緩斜面のある北側からの敵の攻撃に備えている。西側中腹にある石組みの井戸からきれいな水が湧いていることが同城の名称の由来となっている。一方、堀切を隔てた東側部分にも土塁で囲まれた曲輪が存在する。 同城の築城及び機能した年代であるが、文献については同時代史料で確実なものは一つもなく考古学的な発掘調査もされていないため、年代的な手がかりはほぼ皆無といってよい。一般的には15世紀後半もしくは末の宗瑞の伊豆進攻の頃に築かれと考えて大過ないのではないか。また、その築城主体は地元長津呂の土豪である御簾氏が関与していたことが考えられる。
【下田城】  
下田港の南側、下田湾に突き出た鵜島と呼ばれる半島状の丘陵に築かれた海城である。 同城は、丘陵の最頂部標高約69m地点周辺の旧来「天守台」と称されてきた平場を本曲輪(主郭)として北西から南東に伸びる尾根を主軸とし、そこから三方に伸びる支尾根を削平して曲輪群を設けている。これらの曲輪群は幅約10~15m程と狭く、長さ約300mの大土塁又は「長城ライン」とでも呼べるような、南及び西側方面からの敵の攻撃から守る機能を果たしていたと考えられる。なお狭小な本曲輪は、見張り所としての櫓台程度の建物が設けられていたと考えられ、現在も岩盤を穿った柱穴状の遺構が認められる。 更に曲輪群の南側には幅約5~7m、長さ500m余りの長大な横堀が設けられ、その多くは内部に畝を設けた「障子堀」で、韮山城や山中城など、後北条氏が天正末期に築いたと思われる城郭の障子堀とほぼ同程度の大規模なものである。 主要部の曲輪群のラインの北側には4本の支尾根が延びており、そのうち北側の2本の尾根上には明確な遺構が認められる。二本の尾根のそれぞれの南側斜面には、段差をつけた障子堀が設けられ、海岸から谷伝いに攻め込む敵からの防禦が目的である。2本の尾根のうち北端に位置する曲輪は長さ約250m余りあり、北端の小尾根には幅3〜4mの堀切が設けられている。 以上述べてきた曲輪群に守られるような形で同城の北側中腹に位置する広大な曲輪は、史料にみえる「寺曲輪」と考えられ、船着場に直結し城主の居館等の主要施設があった区域と推定される。 一方、鵜島丘陵の西側にも所々に曲輪状の削平地や堀切状の遺構が認められるが、丘陵東側に比べて明確な遺構はなく、未完成のまま廃城に至った可能性もある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください