第268回見学会の報告

奥伊豆の海城-白水城と下田城

実施日:令和2年1月19日(日) 天 候:曇り 参加者:23名(内女性4名) 担当者:望月会長、宮川理事  

年明け第一弾の見学会は恒例になりつつある伊豆半島に所在する城郭、とりわけ今回は海城に特化したものとして「白水城」と「下田城」の見学会を実施しました。往路休憩地の函南ゲートウェイを通過後、国道414号線を天城の山間部を経由して伊豆急河津駅に、途中浄蓮の滝を通過するあたりから昨日の降雪のため車窓には一面の銀世界が広がり、伊豆半島山沿いの自然の厳しさを感じる景色となりました。河津駅にて電車移動の参加者を掌握した後に本日の目的地の一つである白水城へ海岸線の道路を移動、先ほどの銀世界とうって変わって海上には伊豆七島がはっきりと見ることができ、道路脇の菜の花畑には向日葵が咲いていて奇妙な季節感を味わうことができました。

白水城登城口にある駐車場に到着後、お弁当の準備をしながらの小休憩を行いながら周辺を散策すると岩肌に掘削された横穴がいくつか散見されました。おそらく旧海軍の特攻艇を格納する場所ではなかと思われます。これと同様なものが沼津市の長浜城へ行く途中の海岸線の山側にも散見されます。

白水城がいつ築城されたかを示す詳しい文献は残されておらず、唯一土肥神社所蔵の「源基氏伝帳」という書物に白水城城主は御簾三河守と記述されている程度であります。また、学術調査のための発掘調査も行われておらず先行研究ではその築城時期を15世紀末葉から16世紀初頭と比定されていますが、海城という特異性から少々謎めいた城跡といえます。登城口から少しの登ったあたりに川原石で組まれた円形の井戸があり、昔この井戸から綺麗な水が満々と湧き出ていた事に由来して白水城と名付けられたそうです。井戸跡から少し登ると曲輪跡が連続して現れ、その土塁の大きさに見学者の方々は驚いていたようです。その後更に高度を上げ大堀切を超えて最高所へ、望月会長からこの大堀切周辺は後世の開墾により改変が行われており、当時の姿を読み取るには難しいとのことでした。その後山上の曲輪跡にて昼食後駐車場へ、次の見学場所の下田城へ向かい移動しました。

 下田城は別名を「鵜島城」とも言われています。小田原北条氏により築城され、所在する岬全体が城郭で、下田港の湾口へ睨みを効かす海城として北条水軍の本拠地として機能しました。当初は北条軍団中、玉縄衆の朝比奈孫太郎が入城したと伝えられ、その後伊豆衆の清水康英が城将として入城、豊臣勢来襲に備え改修が行われたそうです。

下田公園駐車場に到着し公園遊歩道を少し登ると右手に第39代米大統領のジミーカーター来日記念碑が見学者を出迎えてくれました。その反対には、寺曲輪の伝承がある広場があり、更に足を進めると「鵜島城址」の石碑があり、ここから階段を登ると伝天守台と称され本曲輪があり、その南西部にかなり規模の大きな障子堀を見ることができました。本来この障子堀は草に覆われて明瞭に見ること出来ないのですが、昨年の台風の影響で倒木被害や土塁の一部崩壊などの被害を受けていたようです。その復旧作業の一貫で倒木の撤去や堀の中の除草が行われたようで、昨年末の下見調査時よりも更に綺麗に整備されていました。山中城の障子堀にも勝るとも劣らない遺構に見学者からは絶賛の声が聞こえました。

DSC_1654

 ともあれ前日の悪天候とは一転し嘘のような好天に恵まれ、また静岡県最南端の白水城と北条水軍の拠点下田城を十分に堪能できた見学会だったと思います。最後に「下田城はいつ見るの?今でしょう!」それでは次回も伊豆シリーズを企画検討中です。乞うご期待下さい。 (文責:宮川茂美、写真:望月徹)