第255回見学会・北条氏照の城郭シリーズそのⅢ

謎の山城・浄福寺城と氏照

今回は「北条氏照の城郭シリーズ」第3弾として、東京都八王子市にある浄福寺城の見学をメインとする企画であります。八王子城の北約2㎞に位置する浄福寺城は、従来の研究では、北条氏照の初期の居城(由井城)という説(齋藤慎一氏説)と、天正18年の秀吉軍の八王子城攻めに備えた出城的城郭(西股総生氏説)という説がありますが、同城の縄張を丹念に観察し、年代観や築城者について皆さんと一緒に考察したいと思います。久しぶりの本格的な山城登山となりますが、早春の息吹を肌に感じつつ、標高360m(比高150m)をゆっくり、しっかり踏破いたしますので、ご期待いただきたいと存じます。どうぞお誘い合わせのうえ、お申し込みください。

  • 実施日:平成29年3月19日(日曜日) *小雨決行 荒天の場合コース変更あり
  • 見学先:東京都八王子市 ・小田野城 ・浄福寺城
    〔脚力レベル: 4/5 ★★★★☆ 〕
  • 参加費:会員6,000円 ・非会員6,500円  当日バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス
  • 集合場所:静岡駅南口〔ロータリ交差点付近〕
  • 身支度:山道は険しい場所がありますので服装・装備は万全に! ・弁当飲物
  • 担 当:望月副会長・宮川理事
  • 締切り:3月15日(水)迄に必着。
  • 申込み: こちらから(非会員の参加も大歓迎)
    ※メールには必要事項および乗降希望場所を明記してください。
  • 日 程:8:00 静岡駅南口発 → 東名・静岡IC → 8:50愛鷹 PA(休憩)→ (圏央道) → 10:20 八王子西 IC → 10:30~11:15 小田野城 → 11:30〜15:30 浄福寺城見学(山上で昼食)→ 15:40 浄福寺城・駐車場発 → 15:20 (圏央道)八王子西 IC →  16:20~16:40 圏央道厚木PA(休憩・買物)→(圏央道・東名)→ 18:00 愛鷹PA → 18:50 東名静岡IC → 19:00 静岡駅南口帰着・解散

続きを読む

第254回見学会「井伊氏の牙城・三岳城と直虎」参加報告

整備された井伊谷城本曲輪

平成29年(2017)1月15日(日)、今年年頭の見学会は、今年のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の舞台でもある浜松市北区引佐町の井伊谷とその周辺の見学会でした。大河ドラマで話題の舞台ということもあって今回も盛況で、見学者は“満員御礼”の32名となりました。

当日は、前日降った雪が残り、時折雪がちらつくものの、晴れ時々曇りのまずまずの晴天でした。

朝8時に静岡駅南口を出発したバスは、浜松西ICを出て一路井伊谷へ。先ず井伊氏の「詰めの城」ともいわれる井伊谷城に登りました。井伊谷城は大河ドラマで直虎がとり上げられると決まってから整備がされたようで、新しい看板があり、城に行く山道も整備されてありました。山頂の本曲輪周辺も、展望台が築かれたりベンチが置かれたりして、かつてよりもきれいに整備されていました。

井伊谷城を見学した後は、麓にある浜松市地域遺産センターへ。ここは見学会当日オープンということで、かなりの人出でした。ここでは、井伊谷の歴史がわかる資料が豊富に展示されており、大変よい勉強になりました。

「一の城」虎口(門跡)周辺

雪が残る三岳城本曲輪で雄大な景色を堪能する参加者

その後、今日のメインの見学地である三岳城へ。バスで三岳神社の駐車場まで行き、そこから山頂を目指したのですが、一帯は前日降り積もった雪で滑りやすくなっており、普段よりかなり苦労しながら山頂の本曲輪にたどり着きました。一行はそこで昼食をとり、雪景色の三岳城と、城から見える浜名湖周辺の雄大な景色をしばし堪能しました。その後一旦北西斜面に下り、周辺地域の城郭では珍しい石塁などの遺構を見学し、東側の曲輪、堀などの遺構をじっくり観察しました。

次に、再び井伊谷集落に戻り、渭井神社と隣接する天白磐座遺跡を見学しました。天白磐

「おんな城主直虎」のロケ地にもなった天白磐座遺跡

座遺跡は古墳時代から古代の祭祀遺跡で、井伊氏とも関係が深いといわれ、大河ドラマのロケ地にもなった所です。見学者の皆さんは磐座遺跡の神秘的な雰囲気を感じながら見学していたようでした。

次に、これまた井伊氏と関係が深く大河ドラマのロケ地として人気が急上

井伊家ゆかりの龍潭寺で乘松理事の説明を聞く参加者

昇中の龍潭寺に行きました。龍潭寺は、お客さんはかなり多かったものの多少余裕はあり、直虎をはじめ井伊家代々の当主や重臣の墓、門や建物などをしっかりと見学することができました。

最後に、当日午後にオープンしたばかりの大河ドラマ館を見学しました。

「おんな城主直虎」大河ドラマ館外観

ここはやはりオープン初日とだけあって、夕方に行ったものの人出が多く、かなり混雑した中での見学になりました。大河ドラマ館には、ドラマのセットを再現したコーナーや出演者の衣装などが展示してあり、ドラマの今後の展開にも非常に興味を注がれるようなものが並んでいました。

以上、今回の見学会は見学地も盛り沢山で、大河ドラマの世界を存分に楽しむことのできた見学会だったと思います。雪景色の三岳城も、登るのには少々苦労しましたが、十分思い出に残る風景ではなかったかと思います。(文責:望月保宏)

「新野左馬助公展示館」公開のご案内

平成25年11月2日、享年88歳でご逝去された本会名誉会長・鈴木東洋氏の邸宅(旧 鈴木医院)が、新野左馬助公顕彰会の皆さんのご尽力により「新野左馬助公展示館」として生まれ変わりました。大河ドラマ「おんな城主直虎」では、直虎の伯父として井伊家存亡の機を救った人物役で登場していますが、医師であった東洋氏は地元新野にある舟ヶ谷城の城主・新野左馬助についての研究に早くから取り組まれていました。
地域医療のかたわら昭和47年に静岡古城研究会を小和田哲男名誉顧問等と共に創立すると、翌48年には地元有志の皆さんと新野左馬助公顕彰会の前身である新野左馬助公遺蹟保存会を立ち上げ、左馬武神社(左馬助墓所)の改築等を行っています。
そのご功績から半世紀近くたった今、そしてご逝去されて4年目になる今、全国の茶の間の大河ドラマに新野左馬助が登場するなど夢にも思っていなかったのではないでしょうか。

同館では、新野左馬助の生涯や舟ヶ谷城をはじめとした新野地区の史跡と静岡古城研究会の紹介、また、鈴木医院の診察室が当時のまま保存展示されています。
本会では、平成29年度事業の中で、同地区の城跡と合わせて「新野左馬助公展示館」の見学会を計画し、鈴木東洋氏の遺徳を偲びたいと思います。(文責:平井)

 

 

 

 


新野左馬助公の里パンフレッ
トPDF

新野左馬助公展示館パンフレットPDF

 

第254回見学会のご案内 

井伊氏の牙城・三岳城と直虎

今年もあと数日を残すばかりとなりました。大河ドラマ「真田丸」は最初から最後まで高視聴率を維持し、真田氏の人気はもちろんですが戦国中世への興味関心を、さらに高めたのではないかと思います。
来年はいよいよ、本会名誉顧問の小和田哲男氏により時代考証が行われる「おんな城主 直虎」が始まります。歴史好きな方にも余り知られていない女城主・直虎とは、一体どんな女性だったのか、なぜ男子名を名乗ったのか等々、興味深いドラマになるのではないでしょうか。そんなことから浜名湖の北部地域は、すでに直虎一色の感があり、井伊谷を中心に多くの歴史観光客で賑わいを見せています。
新年早々の見学会は、井伊家1000年の歴史発祥地である井伊谷に所在する居城「井伊谷城」と詰の城「三岳城」をメインに、同家の氏神「渭伊神社」、菩提寺「龍潭寺」と宗良親王墓所「井伊谷宮」、さらには大河ドラマの世界観が楽しめる「おんな城主直虎・大河ドラマ館」等を見学したいと思います。
「真田丸」の時代と併行するように遠江国で繰り広げられた井伊家の数々の危機やそれ以前における同地の戦乱模様を山城の観点から探求してみたいと計画しました。 大勢のみな様のご参加を期待しております。

  • 実施日:平成29年1月15日(日曜日) *小雨決行
  • 見学先:浜松市北区引佐町 井伊谷城・三岳城・渭伊神社・天白磐座遺跡・龍潭寺・井伊谷宮・大河ドラマ館〔脚力レベル: 3/5 ★★★☆☆ 〕
  • 参加費:会員4,500円 非会員5,500円 ※大河ドラマ館入館料含む
    当日バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス 〔集合場所:静岡駅南口・ロータリ交差点付近〕
  • 身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当飲物類
  • 担 当:乘松理事・各務理事・平井事務局
  • 締切り:定員になりましたので締め切りました
  • 日 程:※メールには必要事項および乗降希望場所を明記してください。
    8:00 静岡駅南口出発 → 東名・静岡IC → 8:30焼津IC → 8:50菊川IC → 9:05 袋井IC → 9:15 浜松IC → 9:25 浜松西IC → 9:45井伊谷城と周辺 → 11:30三岳神社~三岳城(昼食)→ 13:50 渭伊神社・天白磐座遺跡→ 14:30  龍潭寺・井伊谷宮→ 15:45大河ドラマ館 → 17:10 浜松西IC → 各IC → 18:20 静岡駅南口帰着

続きを読む

興国寺城 二の丸虎口土橋の発掘調査報告Ⅲ

水野会長から興国寺城発掘調査の報告がありましたので掲載します。

要旨:昨年度から進めていた三の丸から二の丸をつなぐ土橋調査であ るが、最末期にあたる天野氏期の盛土の土橋から西側の堀の中に 石列が見つかっていた(盛土側に石面・東向き)。今回は、その対と なる西側に石積みが確認され(西向き)、数回の改修が分かった。 さらに、三の丸大手付近の外堀に落ち込む急斜面と、地山が大き く盛り上がった土塁跡が確認できた。
興国寺城二の丸土橋の発掘PDF