第264回見学会報告

北条早雲(伊勢宗瑞)の東伊豆侵攻 -河津城と鎌田城-

実施日:平成31年1月20日(日)
天 候:曇り
参加者:26名
担当者:望月副会長、宮川理事

 年明け第一弾の見学会は昨年に引き続き、北条早雲こと伊勢宗瑞にスポットを当てた関連城郭見学会を実施しました。往路休憩地「ゲートウェイ函南」付近で小雨が降出し、一時は濡れる覚悟を決めたものの次第に雨も止み、その後のスケジュールに影響を与えるような天候とはなりませんでした。

 河津桜観光交流館駐車場に到着後、河津城登城口に移動しここで鉄道移動された方々3名を掌握し、城跡の残る山上を目指しました。登城路は過去に整備された痕跡のあるものの、経年変化や猪などの野生動物が地面を掘起こした跡も散見され、それに加えて落ち葉等が多く、傾斜のきつい急登路で汗の出るほどでした。
河津城は在地土豪の蔭山氏が築城し、落城の際には城内備蓄の米を撒いて消火を行ったという伝承がある他は当時の文献史料がなく、江戸時代後期に編纂された「豆州誌稿(秋山富南)」及び「掛川誌稿(山本忠英)」があり、その後地元の郷土史や昭和56年に刊行された「静岡県中世城館跡」に掲載されることとなりました。

平成3年に河津町で公園整備の一環として同町教育委員会により発掘調査が行われました。調査の結果、築城の時期は判然としませんが発掘調査の出土遺物の陶器片などから15世紀後半から16世紀初頭に城郭としては機能していたものと考えられています。この発掘調査前後の時期に当会の水野会長をはじめとする研究者が現地踏査を実施されました。

山上の城址主要部において、望月副会長による見学会資料に基づく概要説明が行われ遺構の見所を再確認した後、北方に延びる稜線上を移動し良好に残る曲輪や切岸・堀切を見学しました。曲輪には明確な土塁が有りませんが、切岸からは当時の急峻さを感じとることができ、戦国時代初期の連郭式の山城の形態を残すシンプルな縄張りを楽しんで頂けたと思います。見学終了後、山上にて昼食及び記念撮影をしたのち洋上の伊豆大島や利島の島影を見ながら下山し次の目的地である伊東市の鎌田城に移動しました。鎌田城入口まで概ね1時間程のバス移動になりましたが途中、相模灘に虹がかかり天候の回復が期待されました。

鎌田城も河津城同様に築城から落城までの文献史料が残されていません。平成15年・16年に伊東市教育委員会の市史編纂事業の一環として発掘調査が行われました。この発掘調査に基づく考古学的な知見と、縄張りを主とする城郭史的観点からの見解の相違が議論されています。埼玉県にある杉山城をはじめとする各地の城郭でも同様な問題点の提議があり、部分的調査の出土遺物で年代を決めることに対し「慎重になるべきでは?」とか高度な縄張り構成から天正18年の豊臣秀吉の小田原攻めに際して「北条氏の支城として機能していたのでは?」など多くの意見が主張され、近年鎌田城への関心が高まっています。

 虹のご利益なのか鎌田城入口到着時には風もなく薄日のさす山登りには適した天気となりました。小休止した後移動を開始し沢ぞいの足元の悪いガレ場を経て遊歩道を20分程度歩くと城域に到達しました。おそらくこの道が大手道だったのでしょうか。いきなり見学者一同を出迎えたのは、方形状の曲輪を連ねた「重ね馬出」と、この馬出の南側から西側に土塁・堀切・竪堀を連結させた遺構群が目に飛び込んできました。望月副会長からはこの遺構群は鎌田城で一番の見どころとの説明がありました。

更に山上部に進むと三角形状の広い削平地が広がり、朽ち果てた神社のお社が鎮座していました。この削平地は鎌田城の主曲輪とされ、地表面観察により土塁状の高まりが確認でき、おそらくこの曲輪は周囲を土塁で囲まれていたことが推測できました。また見学会資料の縄張り図からこの主曲輪を中心として放射状に曲輪が配置され、それらを防御するため竪堀などの障害構成が施されていることが現地において確認することができました。

午前中に見学した河津城は、自然地形を巧みに利用して稜線上に切岸と堀切を設けてその間に曲輪を配置する連郭式の縄張りとしているのに対し、鎌田城の縄張りは一つの山を大規模な土木工事により技巧的な曲輪の配置や障害の設置などを主眼に築城されていることを改めて感じることができました。

帰路のバスの車中において、今日見学した2つの城郭の年代観について望月副会長から説明がありその中で、2つの城郭の発掘調査で出土した陶磁器の編年は15世紀末から16世紀初頭のものであり、2つの城郭の機能した時代は同じではないだろうか。更にこの15世紀末から16世紀初頭に伊豆半島において歴史的にどのような事件があったのか、それは明応2年(1493年)、北条早雲の伊豆の堀越御所における足利茶々丸追討から始まり、明応7年(1498年)伊豆下田の深根城攻略があり、河津城及び鎌田城もこの時期の早雲による伊豆侵攻によるものと結論づけられているとのことでした。

 今回、北条早雲(伊勢宗瑞)シリーズの第2弾という位置付けで、河津城及び鎌田城の見学会を実施しましたが、来年度に同シリーズの第3弾を企画検討中でありますので、ご期待頂ければと思います。

                          (文責:宮川茂美)

諏訪原城跡 講演会ご案内

 

 

 

 

 

 

 

平成29年3月に復元された諏訪原城跡「二の曲輪北馬出の門」についての講演会です。同箇所の発掘調査の成果に基づき、どのように復元工事が行われたのか。また、復元までの過程や戦国時代に城門はどのような機能と役割を持っていたのかなどを分かりやすく解説していただきます。講師は、広島大学大学院教授・諏訪原城跡整備委員会副委員長の三浦正幸氏です。

詳細は、チラシ画像をご覧ください。お申し込みは、往復はがき・ファックス・メールいずれかで、氏名、住所、電話番号、参加人数を記入の上、下記までお申し込みください。

427-0042 島田市中央町5番の1 島田市教育委員会文化課文化財係
電話:0547-36-7967   ファックス:0547-37-2500
メール:bunkazai@city.shimada.lg.jp

戦国沼津の三大城巡り企画展ご案内

今川・武田・北条・・・沼津の城は最前線だった!

戦国時代に築かれた「興国寺城」「三枚橋城」「長浜城」について、文化財センターの発掘調査の成果を写真パネルや出土遺物を通して紹介します。

会場:沼津市立図書館4階展示ホール
期間:平成26年9月16日(火)~30日(火)
※9月22日(月)・29日(月)は休館
<開館時間>
火・水・木曜日9:30~18:30
金曜日 9:30~21:00
土・日・祝日 9:30~17:00

入場料無料

案内チラシをご覧ください。チラシPDF(表)チラシPDF(裏)

文化財センター学芸員による展示解説を行います。
日時:9月20日(土)・10~12時、16~17時
場所:4階展示ホール

申込は不要です。直接会場にお越しください。

共催:沼津市立図書館・文化振興課(文化財センター)
問い合わせ:沼津市立図書館(電話055-952-1234)