機関誌『古城』61号を発行

★頒布可能なバックナンバーは、第61号〜第48号です。

NEW 61号(2017.7月発行)

頒布価格2,000円(送料別途)

  • 山城からみる森の戦国史(2)ー太田川西岸の一宮地域ー(水野 茂)

    古城61号

  • 伊豆西南海岸の海城ー安良里城と安城山城を中心にー(望月保宏)
  • 旧小笠町の城「堤城」を考える(乘松 稔)
  • 〈再掲載〉畑ヶ谷の城郭遺構⑵「畑ヶ谷東砦」(乘松 稔)
  • 檜峠・菩提山中腹に謎の砦遺構を発見(平井 登)
  • 南北朝期静岡県下の城郭の再検討(川村晃弘)
  • 続 日本の古代山城の構築主体ならびに年代観についての寸描(柳下晃一)
  • 城館レポート

続きを読む