駿河の戦国大名 今川氏展ご案内

藤枝市郷土博物館 開館30周年記念特別展

足利一門の名族・今川氏は南北朝時代から戦国時代にかけて約230年にわたり、守護大名、のちに戦国大名として駿河国及び遠江国を領有・支配しました。南北朝の動乱期に、足利尊氏に従って戦功を挙げた駿河今川氏の初代・範国と二代・範氏は、駿河・遠江における南朝方勢力を駆逐し、駿河国守護に任じられました。以後、今川氏は代々、駿河守護を歴任し、東海地方の名門大名として君臨します。七代・氏親の代には遠江国守護に任じられ、最晩年には「今川仮名目録」を制定し戦国大名として成長します。異母兄との家督争い「花蔵の乱」に勝利した九代・義元は三河国へ侵攻し、駿遠三3か国の戦国大名として強盛を誇りますが、永禄3年(1560)の桶狭間の戦いで織田信長に敗れ戦死します。最後の当主、十代・氏真は今川家の衰退を止められず、永禄12年、掛川城を退去し北条氏へ身を寄せたことで、戦国大名今川氏は滅亡しました。

本展では、静岡県内に残る今川氏ゆかりの古文書・歴史資料を展示し、今川氏の駿河支配の軌跡をたどります。駿河の南北朝動乱に関わる「駿河伊達家文書」(京都大学総合博物館所蔵)を県内初公開します。また、「花蔵の乱」に関する重要文書「岡部文書」(当館蔵)のほか、完成した花倉城(葉梨城)の城郭模型をお披露目します。今川氏歴代当主が発給した古文書の展示を通して、駿河今川氏十代の歴史を振り返ります。(藤枝市郷土博物館ホームページより)

日時:平成29年6月2日(金)~7月17日(月・祝日)午前9時~午後5時
※月曜日休館(7月17日は除く)

場所:藤枝市郷土博物館・文学館 藤枝市若王子500

機関誌「古城」第61号 投稿募集

日頃の研究成果、研究ノートをお寄せください。
機関誌『古城』第61号(2017.7.16発刊)の原稿を募集しています。
 『古城』投稿規定PDF

1.締め切りは5月末日です。
2.できるだけ電子データでの提出をお願いします。データはメールに添付をしていただければ助かりますが、CD、USBなどを郵送していただいても結構です(校正のとき返却)。原稿用紙(400字詰)手書きでも受け付けますが、その場合は早めに提出をお願いします。
3.第1稿の校正を郵送しますので、郵便番号、住所及び電話番号も明記ください。
4.割り付けもお願いします。図や表を何枚目に入れるか、わかるようにしてください。PDF添付か、プリントアウトを郵送してください。念のために、図・表を含めた総ページ数もお知らせください。
5.頁レイアウトは、縦書きの2段組みで各段30字×24行です。図・表を含め20ページ以内を目安にしてください。
6.郵送の場合 424-0818 静岡市清水区江尻町6-21 川村晃弘 宛
メールの場合 kawaki@mtg.biglobe.ne.jp まで

★お問い合わせは 川村携帯:090‐9222‐2305 まで

第256回見学会〈一泊二日〉ご案内

真田氏、沼田攻略の岩櫃城・名胡桃城をゆく

恒例の一泊二日見学会は、昨年の大河ドラマ「真田丸」ゆかりの城郭探訪となります。大河ドラマ「真田丸」では、弱小の戦国大名・真田一族の本領を守る智謀が見所になりました。二年前の「北信シリーズⅠ」で、真田家を存続させた真田信之の松代城(海津城)を訪ねていますが、今回は北関東の真田領であった沼田地方へ出掛けます。この地では、後北条氏との戦いで有利に戦い、秀吉の小田原征伐の切っ掛けとなった有名な名胡桃城をはじめ、最大拠点の岩櫃城も訪ねます。日本の戦国史上、これだけ名を馳せた真田一族の激戦地城郭の旅を、さわやかな季節の中で堪能したいと思います。

  • 実施日:平成29年5月13日(土) ・14日(日) *雨天決行
  • 見学先:群馬県沼田市・吾妻郡の城郭 〔脚力レベル: 3/5 ★★★☆☆〕
  • 募集数:28名(先着申込み順。定員になり次第締め切ります)
  • 参加費:25,000円(交通費・宿泊費・夕食費含む) ※当日バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス〔出発地:静岡駅南口・セブンイレブン付近〕
  • 身支度:ハイキング(山登り)の服装と装備・弁当飲物類・雨具
  • 担当者:水野会長・小川理事
  • 申込み:募集定員になったため締め切りました
  • 締切り:5月2日(火)。メールには必要事項および乗降希望場所(静岡駅南口・東名高速IC・PA)を明記してください。

続きを読む

第255回見学会・北条氏照の城郭シリーズそのⅢ

謎の山城・浄福寺城と氏照

今回は「北条氏照の城郭シリーズ」第3弾として、東京都八王子市にある浄福寺城の見学をメインとする企画であります。八王子城の北約2㎞に位置する浄福寺城は、従来の研究では、北条氏照の初期の居城(由井城)という説(齋藤慎一氏説)と、天正18年の秀吉軍の八王子城攻めに備えた出城的城郭(西股総生氏説)という説がありますが、同城の縄張を丹念に観察し、年代観や築城者について皆さんと一緒に考察したいと思います。久しぶりの本格的な山城登山となりますが、早春の息吹を肌に感じつつ、標高360m(比高150m)をゆっくり、しっかり踏破いたしますので、ご期待いただきたいと存じます。どうぞお誘い合わせのうえ、お申し込みください。

  • 実施日:平成29年3月19日(日曜日) *小雨決行 荒天の場合コース変更あり
  • 見学先:東京都八王子市 ・小田野城 ・浄福寺城
    〔脚力レベル: 4/5 ★★★★☆ 〕
  • 参加費:会員6,000円 ・非会員6,500円  当日バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス
  • 集合場所:静岡駅南口〔ロータリ交差点付近〕
  • 身支度:山道は険しい場所がありますので服装・装備は万全に! ・弁当飲物
  • 担 当:望月副会長・宮川理事
  • 締切り:3月15日(水)迄に必着。
  • 申込み: こちらから(非会員の参加も大歓迎)
    ※メールには必要事項および乗降希望場所を明記してください。
  • 日 程:8:00 静岡駅南口発 → 東名・静岡IC → 8:50愛鷹 PA(休憩)→ (圏央道) → 10:20 八王子西 IC → 10:30~11:15 小田野城 → 11:30〜15:30 浄福寺城見学(山上で昼食)→ 15:40 浄福寺城・駐車場発 → 15:20 (圏央道)八王子西 IC →  16:20~16:40 圏央道厚木PA(休憩・買物)→(圏央道・東名)→ 18:00 愛鷹PA → 18:50 東名静岡IC → 19:00 静岡駅南口帰着・解散

続きを読む

「新野左馬助公展示館」公開のご案内

平成25年11月2日、享年88歳でご逝去された本会名誉会長・鈴木東洋氏の邸宅(旧 鈴木医院)が、新野左馬助公顕彰会の皆さんのご尽力により「新野左馬助公展示館」として生まれ変わりました。大河ドラマ「おんな城主直虎」では、直虎の伯父として井伊家存亡の機を救った人物役で登場していますが、医師であった東洋氏は地元新野にある舟ヶ谷城の城主・新野左馬助についての研究に早くから取り組まれていました。
地域医療のかたわら昭和47年に静岡古城研究会を小和田哲男名誉顧問等と共に創立すると、翌48年には地元有志の皆さんと新野左馬助公顕彰会の前身である新野左馬助公遺蹟保存会を立ち上げ、左馬武神社(左馬助墓所)の改築等を行っています。
そのご功績から半世紀近くたった今、そしてご逝去されて4年目になる今、全国の茶の間の大河ドラマに新野左馬助が登場するなど夢にも思っていなかったのではないでしょうか。

同館では、新野左馬助の生涯や舟ヶ谷城をはじめとした新野地区の史跡と静岡古城研究会の紹介、また、鈴木医院の診察室が当時のまま保存展示されています。
本会では、平成29年度事業の中で、同地区の城跡と合わせて「新野左馬助公展示館」の見学会を計画し、鈴木東洋氏の遺徳を偲びたいと思います。(文責:平井)

 

 

 

 


新野左馬助公の里パンフレッ
トPDF

新野左馬助公展示館パンフレットPDF