第265回見学会ご案内

今川氏の境目の城

ー尾奈砦・宇津山城・境目城・船形山城ー

春のおとずれとともに、山城めぐりが楽しくなる季節となりました。会員の皆さまにおかれましては、ますますご清栄にお過しのこととお喜び申し上げます。
本年、各地で開催される「今川義元公生誕500年祭」の記念事業に呼応するように本会でも昨年10月の東三河攻め、11月の西三河制圧と連続した見学会事業をおこなっています。そして今回は、「今川氏の境目の城」をテーマに、三河と遠江のまさに境目に築かれた尾奈砦・宇津山城・境目城・船形山城を訪ねます。今川氏の兵站基地としても活用された尾奈砦、東三河の国人領主戸田氏と争奪戦が行われた船形山城を、そして「宗長手記」にも登場する宇津山城等をじっくり堪能していただきます。
どうぞ、ふるってご参加くださいますようお願い致します。

実施日:平成31年3月17日(日曜日) *小雨決行、大雨の場合は見学先を変更。
見学先:〈湖西市〉尾奈砦・宇津山城・境目城 〈豊橋市〉船形山城
    〔脚力レベル:4/5〕
参加費:会員5,000円・非会員5,500円  当日朝バス内で集金 
乗り物:市沢バス(あずき色のボディカラーが目印)
出発地:静岡駅南口・スクランブル交差点 石田街道沿い左手(東側)付近
身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当飲物類
担 当:乗松理事・小川理事 
締切り:3月11日(月)
申込み:参加申込みはこちら
日 程:8:00 静岡駅南口出発 → 東名・静岡IC → 8:15 日本坂PA下り等、乗車希望の東名下り線PAを申込の際、明記してください → 9:00 三方ヶ原SA(トイレ休憩等)→ 9:30 東名・三ケ日IC → 10:00 ~ 15:40の間に見学先を順次探訪
 尾奈砦跡 → 船形山城跡 (昼食)→ 宇津山城跡 → 境目城跡
→ 16:10 東名・三ケ日IC → 16:20 三方ヶ原SA → 各東名PA →
東名・静岡IC → 18:30 静岡駅南口帰着・解散

〔 見学先の概容 〕
【尾奈砦】浜松市北区三ケ日町下尾奈
当城は浜名湖北岸の猪鼻湖入口西側尾根上の本城山に築かれ、西側の三河との国境まで僅か5㎞程の位置にあり、南側の浜名湖対岸2㎞に三河進攻の拠点「宇津山城」、北東側、猪鼻湖対岸3㎞には「佐久城」を望むことが出来る国境の警護を目的とした境目の城である。天文16年(1547)の田原城攻めには「日々沢城」とともに兵站基地としても使用されている。この城は単郭式の縄張りで西尾根上の縄張りは技巧的でこの城の見どころである。
【船形山城】 豊橋市雲谷町字上ノ山
 当城は、静岡県境の弓張山地から東へ派生した船形山上に築かれ、城跡の北東尾根続きには「鎌倉街道」と呼ばれる峠道が存在し、城跡南東の山腹から麓にかけては平安~戦国期に存在したと考えられる普門寺の旧伽藍跡がある。
永正14年(1517)に今川方の境目の城館として多米又三郎が在城していたが、戸田氏の攻撃を受けて落城。その後、今川方の反撃により戸田氏らは撃退されている。永禄7~11年(1564~68)頃には小笠原氏が徳川家康の命を受けて守備についている。主郭は南側を除いた三方に土塁が巡る(ただし、東端部は鉄塔建設時の削り残した痕跡とも考えられる)。主郭北東斜面下の堀切、主郭のへの虎口、南尾根上の堀切状遺構等峠道と絡む遺構が興味をそそられる縄張りである。
【宇津山城】 湖西市入出字城山
 当城は、浜名湖西岸の湖に突き出た独立丘陵に位置している山城である。丘陵は秩父古生層からなる岩山で、丘陵の西側に標高50mの高山、東側に正太寺鼻の標高25ⅿほどのなだらかな城山と呼ばれる高低差のある地形となり、北・東・南の周囲三方が天然の水堀となっている。西側に丘陵が続き、三河国との国境となる湖西連峰の山並みに至る。当城が文献に登場するのは、宗長の記録『宗長手記』である。宗長が宇津山城を訪れたのは大永7年(1527)の4月のことである。記録からは、今川氏親の家臣長池六郎左衛門親能が大永年間に堀切や竪堀を配して築城したことがわかる。享禄年間(1528~1532)以降は、朝比奈氏が三代にわたって城主となっている。永禄11年(1568)12月12日酒井忠次を先鋒に徳川の遠江侵攻が開始され、12月15日宇津山城はあっけなく落城してしまう。その後、徳川氏の手によって改修され戦略的価値を終えた天正9年(1581)頃廃城となった。
【境目城】 湖西市吉美字川尻
 永禄10年(1567)三河の地を失った今川氏が徳川家康の遠州侵出を阻止せんとして、三遠の国境である吉美の妙立寺を撤収して、曳馬城の前衛基地の一つとして益田信濃守、水野惣兵衛を普請奉行として築城したものである。しかし、永禄11年徳川方の酒井忠次勢によって攻略され落城した。明治19年東海道本線敷説にその用土として、取り崩され、現在はその大部分が畑、宅地となり南西部の一部が当時の面影を留めているのみである。朝比奈氏の守る宇津山城とは近距離にあり、徳川氏に対する軍事的補強をするための城であった。

第264回見学会のご案内

北条早雲シリーズ・パート2
北条早雲(伊勢宗瑞)の東伊豆侵攻- 河津城と鎌田城 -

〈見学会のねらい〉
明応2年(1493)に伊豆に侵攻した北条早雲(伊勢宗瑞)は約5年間かけて伊豆を制圧するが、その中で抵抗勢力の蔭山氏・伊東氏との抗争の舞台となったと考えられる東伊豆地域の河津城、鎌田城の縄張を観察し、それぞれの縄張構造の特徴の比較や、両城がその後(永禄・天正期など)改修・使用された可能性の有無等について考察する。

  • 実施日  平成31年 1月20日(日)
  • 見学地  河津城(河津町)、鎌田城(伊東市)
  • 担当者  望月保宏・宮川茂美
  • 参加費  会員5,000円、非会員5,500円
  • バ ス   市沢さんのバス
    ※申込時に、乗車希望場所(静岡駅南口、富士川SA、道の駅・伊豆ゲートウェイ函南、伊豆急河津駅前)をご記入ください。
  • 申込み  締め切りました
  • 日程(予定)
    8:00      JR静岡駅南口集合、出発
    8:10      東名静岡IC
    8:30      富士川SA
    8:50      東名沼津IC(→伊豆縦貫道)
    9:15      道の駅 伊豆ゲートウェイ函南(休憩)
    10:00      (伊豆縦貫道)大平IC
    11:00      河津桜観光交流館前→河津城入口
    11:30~12:30  河津城見学(山上で昼食) → 13:00河津桜観光交流館前14:00      鎌田城入口
    14:30~15:30   鎌田城見学 → 16:00 鎌田城入口
    16:45      伊豆箱根鉄道 修善寺駅(*鉄道利用者はここで降車)
    17:15          道の駅 伊豆ゲートウェイ函南(休憩)
    18:30      東名静岡IC
    18:40      静岡駅南口着、解散

*小雨決行、悪天候(積雪等)の場合は見学地を変更することがあります。
*ハードな山城登山になりますので山歩きが苦手な方はご遠慮ください。

続きを読む

第263回見学会ご案内

今川義元公生誕500年プレ事業Ⅱ
今川氏の西三河制圧と山中城、岡崎城
― 三河山中城・小豆坂合戦場跡・岡崎城 ―

来年、静岡市・静岡商工会議所の主催で「今川義元公生誕500年祭」が開催されます。本会もそれに迎合する事業として、先月の「今川義元、東三河の田原城攻め」を行いました。そして今回は、義元の西三河制圧に伴う織田信秀との小豆坂合戦と山中城跡、岡崎城跡を訪ねる予定です。

山中城については、今川氏による築城を検証し、岡崎城では、文化財保護審議会委員でもあります奥田敏春氏に特別講師をお願いし、近年の発掘成果や整備事業等についてご説明をいただきます。また、行程上の時間が許す範囲で、徳川家康の最大ミステリーである「信康事件」に関わる史跡も訪ねたいと考えていますので、奮ってご参加ください。

  • 実施日:平成30年11月18日(日曜日) *雨天決行(要雨具)
  • 見学先:愛知県岡崎市 山中城跡・小豆坂合戦場跡・岡崎城跡など
    〔脚力レベル: 2/5〕
  • 参加費:会員6,000円 非会員6,500円  当日朝バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス(あずき色のボディカラーが目印)
  • 乗車地:静岡駅南口・スクランブル交差点 石田街道沿い左手(東側)付近
  • 身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当飲物類
  • 担 当:水野会長・各務理事
  • 申込み:参加申込みはこちら
  • 締切り:11月13日(火)迄に必着。
  • 日 程:8:00 静岡駅南口出発 → 東名・静岡IC → 8:15 東名日本坂PA下り
    ※乗車希望の東名PAを申込の際、明記してください → 10:00 東名・音羽蒲郡IC →10:30 ~ 16:00の間に見学先を順次探訪 山中城跡(昼食) →  小豆坂合戦場跡 → 岡崎城跡 → 三河武士のやかた家康館
    →16:20 東名・岡崎IC → 各東名PA → 東名・静岡IC → 18:30 静岡駅南口帰着

続きを読む

第262回見学会報告

今川義元公生誕500年プレ事業
今川義元の田原城攻め

実施日:10月21日(日)
天候:晴れ
参加者:24名
担当者:川村、齋藤、澤田

今回の見学会は、今川義元公生誕500年プレ事業として、今川義元の東三河侵攻における最初の標的となった戸田氏に関連する城郭を訪ねました。

二連木城址

 

静岡からバスで出発。東名高速を豊川ICで降り、途中、吉田城をバスから見ながらまず二連木城に向かいました。城の西にある東田神明宮でバスを降り、城跡である大口公園に向かうと、北に張り出した台地の先端部分に立地していることがよくわかります。現地は公園を囲むように土塁が残っています。

 

次に、見学会開催直前に吉田城の見学が時間的に難しいことがわかったため、予定を変更し大崎城に向かいました。往時、城の西直下は三河湾でしたが埋め立て地になっています。中世から近世まで使われた城郭ですが、城の東側には江戸期に陣屋が置かれたり、戦前、主郭に海軍の地下壕が築かれたりしています。発掘調査も行われましたが、残念ながら現在はほとんどが藪となっており見学は難しくなっていました。

大崎城址

主郭東にある幸稲荷神社で昼食をとったあと、主郭との間の深さ10m近くの大きな堀を中心に見学しましたが、一部の人は藪をかき分け土橋から主郭に進入していました。

次に、大津城(高縄城)に向かいました。大津城は戸田氏が初めて渥美郡で本拠を構えたとされる場所ですが、現在はほとんどが学校の敷地となっているなど事情があり、校門付近に建てられた標柱を見学するにとどめました。

次に今回の見学会のメインである戸田氏の本拠田原城に向かいました。
現在は大部分が市街地化されており、遺構が残るのは限られた部分ですが、その中でも顕著なのは三の丸と本丸との間の大きな堀切です。桜門から入ってこの堀切を見学後、現在は巴江神社が建つ本丸に進み、左手に土塁を見ながら神社の背後にある稲荷社の方に向かい本丸の最北端を見ました。そして二の丸にある博物館を見学後、バスで大手道を経て惣門跡を通り、最後の見学地として戸田氏の墓所がある長興寺に向かいました。

長興寺には戸田氏の菩提寺で歴代の墓所がありますが、戸田氏と姻戚関係にあった九鬼守隆の墓所や戸田宗光を猶子としたといわれる一色七郎の小さな石塔もありました。また、墓所の前には戸田氏の最大版図を示す掲示板が建っていますが、残念ながら消えかかっていました。

帰路は海沿いの表浜街道を通り、遠州灘を望みながら浜名湖の東を北上し浜松西ICから東名高速に入るルートで静岡へと戻りました。

 

当日は、時代考証や『今川氏滅亡』などの著書で知られる大石泰史先生も参加され、大変有意義な見学会となりました。(文責:澤田)

最新レポート発表会の報告

9月23日(日)開催の新事業「最新レポート発表会」について報告。

開放的なBiViキャン

司会の望月副会長

会場となったBiViキャンは、藤枝駅南口から歩いて1分で、駐車場も完備した交通の便のよいところです。一階の講義室・セミナールームはガラス張りで,他の目的で訪れた人からも見える開かれ場所でした。会員27名、非会員をあわせ延べ77名(受付記名者のみ)の参加者でした。4人の発表者がそれぞれパワーポイントを駆使して報告をしています。以下、概要について順を追って述べます。

鈴木晃太朗さん

1.駿東郡の深沢城について 三島市の鈴木晃太朗さんの発表です。高校3年生で、受験勉強の合間で資料を作成したとのことです。すでに城めぐり歴は8年に達し、縄張図作成はもとよりジオラマまで制作しています。発表は正統派で、まず文献史料を検討し、縄張図からの分析を行ない、写真で説明がされました。単に遺構を紹介するだけでなく、自らの考察を深めていました。

 

 

金刺信行さん

2.富士郡の間門城(夷城)について 当会理事で富士宮市在住の金刺信行さんの発表です。新聞記者をやっているだけに、わかりやすい資料を作成していただきました。間門城(夷城)については、すでにこれ以上の遺構はなく、性格もよくわからないと思われていました。しかし、ていねいに聞き取り取材し、地元の資料から小字を掘り起こしていきました。その結果、新たな遺構の確認ができたことが報告されました。地名だけでなく、大堀切が再発見されたことで、城域が700mにわたる広大なものであることがわかりました。そして文献からの使用がありそうな時期を検討し、河東一乱の時の使用と武田北条の抗争期にしぼり、規模から後者であるとの見解が示されました。

小高巳季彦さん

3.利根郡の長井坂城について 神奈川県厚木市の会員・小高巳季彦さんの発表です。当会が昨年の一泊見学会で尋ねた群馬県の長井坂城についての考察です。見学会の時、小高さんは遺構を観察した結果、既存の解釈との食い違いを感じたとのことです。そこで、今年度の『古城』でその見解をまとめています。今回の発表はそれをふまえたものですが、定説である北条氏築城説を平面構造解釈や街道との関係で覆していきます。また、北条氏の軍事行動から中山築城以前に北条氏以外が築城したという見解が示されました。

平井登さん

4.志太郡の滝沢城について 藤枝が地元の平井登事務局長の発表です。家のすぐ近くにある滝沢の古城址について、地理的環境や地誌にある伝承さらに遺構の特徴から、南北朝期のものと特定していきます。観応の擾乱のとき、駿河では3つの城郭戦がありました。32日間を要した薩埵山の対峙、20日間をかけた大津城の攻防、そして15日間戦われた徳山城攻防戦です。大津城攻は現在、島田市野田の城山に比定する説が有力ですが、とても20日間の攻防をする城の跡とは思えません。また島田東光寺への禁制から今川氏の進撃路が推測されます。そこで滝沢の城山こそが「大津城」であったと推測できます。たいへん説得力がある説でした。

談論の様子

発表の後、水野会長をコーディネーターとしたパネルディスカッションが行なわれました。かなり突っ込んだ質問もありましたが、発表者は自分の解釈を答え、単なる遺構の報告ではなく、深く考えられたものであることがわかりました。(文責:川村晃弘)