諏訪原城 連続講演会ご案内

新年の1月31日(日)と2月7日(日)、島田市金谷公民館「みんくる」において、加藤理文氏と中井均氏による連続講演会(無料)があります。
1月31日(日)に登場するのは、加藤氏で「今からでも城通になれるー諏訪原城と真田丸ー」をテーマに開催。続く2月7日(日)は、中井氏で「丸馬出を持つ城ー諏訪原城を中心にー」をテーマに開催されます。織豊期城郭研究者の双璧である両氏のお話しに是非ご期待ください。お申込み方法等、詳しくはPDFをご覧ください。

記念講演会チラシ(表) 記念講演会チラシ(裏) 諏訪原城講演会チラシ(表) 諏訪原城講演会チラシ(裏)

22日からシンポ「家康の戦いと城づくり」開催

小笠山砦から高天神城方面を望む

小笠山砦から高天神城方面を望む

11月22日(日)・23日(月)に行われる当会と静岡県文化財保存協会主催の徳川家康公顕彰400年祭シンポジウム・イン静岡「徳川家康の戦いと城づくり」の開催まであとわずかとなりました。

小笠山砦の下草刈り2

小笠山砦の下草刈り2

去る10月25日(日)には、当会会員により小笠山砦及び高天神城跡の下見及び草刈りを行い、ウォーキングの準備を整えました。

諏訪原城二ノ曲輪東馬出の発掘調査

諏訪原城二ノ曲輪東馬出の発掘調査

また諏訪原城跡では最近東馬出の発掘調査が開始され、現地では発掘調査現場の見学もできるとのことで、参加者の皆さんには非常に中身の濃いウォーキングになることと思います。ご期待ください。
なお、翌23日(月)のシンポジウムについても、基調講演を行う小和田先生をはじめ、コーディネーターの松野輝洋氏、各調査班の担当者とも事前の打合せを重ね、参加者の皆さんに楽しんでいただけるようなシンポジウムになるよう、準備を進めておりますので、こちらもご期待願います。
参加予約をされた方は、22日(日)のウォーキングは午前7時50分までにJR静岡駅南口バスターミナル付近に、23日(月・祝日)のシンポジウムは午前9時15分~9時40分までに会場の「あざれあ」(JR静岡駅北口から西へ徒歩8分)2階大会議室にお越しください。くれぐれもお忘れなく!!

長浜城が一気にわかる連続講座ご案内

国指定史跡
『長浜城跡開園記念連続講座』
本年5月に史跡公園整備が完了し、6月21日には記念トークイベントが行われて城郭ファンを魅了している長浜城跡ですが、来る8月22日(土)を皮切りに、9月27日(日)、10月11日(日)の連続で著名な研究者による講座が沼津市文化財センターにより、いずれも無料で開催されます。このチャンス、是非お見逃しなく!

くわしくはこちら(pdfチラシ)

平成27年度「定期総会」と「ふじのくに山城セミナー」のご案内

定期総会と日頃の研究成果の発表の場であります「ふじのくに山城セミナー」のご案内です。今回のセミナーでは、記念講演として島田市教育委員会の萩原佳保里先生による「諏訪原城の発掘調査」について、その研究成果をご教授いただきます。また、会員3名の最新研究成果もたいへん興味深いテーマですので、ご期待ください。なお、今年度は『徳川家康公顕彰400年祭シンポジウム・イン静岡』を11月に計画しておりますので、総会からのご出席を何卒よろしくお願い致します。

  • 日  時:平成27年7月19日 (日)  9時30分から受付・10時開会
  • 会  場:静岡市東部勤労者福祉センター「清水テルサ」6階 研修室(大)
    静岡市清水区島崎町223 TEL. 054-355-3111
  • 交 通:<電車> JR清水駅・東口より徒歩で約5分
    <駐車場> 清水テルサの有料立体大駐車場が利用できます。
  • 申込み:  参加申込みはこちら 締切日:7月15日(水)
  • 昼 食:各自ご持参ください。(同会館8階にレストランあります)
  • 徴 収:年会費(5,000円)、ふじのくに山城セミナー資料代(1,000円)
  • 頒 布:機関誌『古城』第59号は、当日受付にて頒布します。

《定期総会の議事内容》(10:00 〜 10:45)

前年度事業報告・同決算報告・監査報告・
本年度事業計画(案)・同予算(案)・役員改選について

《ふじのくに山城セミナー》 非会員の参加も大歓迎!(資料代1,000円)

1部・記念講演(11:00〜 12:15)
講師:萩原佳保里先生(島田市教育委員会)
演題:「諏訪原城跡 ― 発掘調査の成果と史跡整備事業の現状 ―」

 昼食(室内で食事可)・休憩・書籍販売

◇書籍販売など
機関誌『古城』、『見学会資料』などのバックナンバーはじめ、現在取組中の『縄張図集成・遠江国版』の調査上の基礎資料となる「一覧台帳(470箇所リストアップ)」を頒布します。編纂事業募金(一口5千円)にご寄付いただいた方には、「一覧台帳」を一部無料で頒布します。募金されない方には、一部1,000円で販売します。

◇「蚤の市」開催
不要になった城郭関係の古書・古本等のフリーマーケットです。
各自お持ち寄りのうえ、休憩時間内で行ってください。
(問合せ先:各務理事までご相談ください 。080-4170-9943)

2部・会員の研究成果発表(13:10 〜 16:30)
⒈(13 : 10 ~ 14 : 10) 水野 茂 「武田勝頼の掛川城攻めについて」
⒉(14 : 20 ~ 15 : 20) 川村晃弘 「“甲州征伐”をめぐる駿河諸城の考察」
⒊(15 : 30 ~ 16 : 30) 望月保宏 「川津城(河津城)と城ヶ平について」

◎閉会あいさつ

長浜城跡開園記念トークイベントのご案内

後北条水軍の拠点城で国指定史跡の長浜城跡(沼津市・内浦重須)が先月24日、史跡公園としての整備完成を祝した「長浜城北条水軍まつり」とともに開園した。
長浜城は、天正7年(1579)駿河国を支配していた武田氏から内陸部にある韮山城を守るため築城された駿河湾北部防衛上の戦略的要地に構えられた海城である。
長浜城の縄張り構造は、土塁の位置が極めて特徴的で城郭研究者には貴重な考察指標としてよく知られている。そんな長浜城の魅力をもっと深く学んでいただくためのトークイベントが6月21日(日)、沼津市のプラザヴェルデで開催される。
詳しくはこちら

講演者は、本会名誉顧問の小和田哲男先生はじめ服部英雄先生(九州大学)、高瀬要一先生(元、国立奈良文化財研究所副所長)、そして小田原から諏訪間順先生(天守閣博物館館長)を予定。午前中は、まず小和田先生が「北条水軍について」。その後服部先生が「長浜城跡総合調査の概要」をテーマにお話しされます。午後からは高瀬先生が「長浜城跡の整備の特色と課題」、諏訪間先生が「小田原城の近年の調査と活用の取り組みについて」ということで文化財の活用についてお話しいただきます。最後は、4氏によるパネルディスカッションです。