第261回見学会(一泊二日)ご案内

一泊見学会は、「国司大名・北畠氏と伊勢の山城シリーズ」を計画致しました。
三大国司大名の一人北畠氏(他は土佐の一条氏、飛騨の姉小路氏)の本城である霧山城を中心とし阿坂城等本城を取り巻く支城群を訪れ、北畠氏の歴史に触れるとともに織田信長の伊勢侵攻を考える良い機会ですので奮ってご参加ください。
夕食は伊勢の山海料理を堪能するコースを用意しています。春の伊勢路を楽しんでください。

  • 実施日  平成30年4月21日(土)・22日(日)
  • 見学地  三重県松坂市・津市美杉町多気
  • 難易度  5段階中4
  • 担当者  望月保宏・小川 勝 (サポート乗松 稔)
  • 参加費  会員=23,000円  非会員=24,000円
    (交通費・宿泊費・夕食小宴会含む)
  • 宿 泊 『東横イン伊勢松坂駅前』
  • 小宴会  『伊勢庄や松阪駅前店』
  • 日 程(高速道の渋滞・事故や天候等によりコース変更あり)
    4月21日(土)
    7:30  JR静岡駅南口出発
    7:40  東名高速道路静岡IC
    8:30  東名高速道路袋井IC・磐田IC
    8:40  三方ヶ原サービスエリア
    11:15  一志嬉野IC
    11:30  阿坂城(昼食)
    大河内城・田丸城・松坂城
    18:00  ホテル「東横イン松阪駅前」
    18:30  小宴会「伊勢庄や松阪駅前店」

4月22日(日)  8:00  ホテル出発
9:15  美杉ふるさと資料館
10:15  北畠氏館跡・霧山城(昼食)
・滝之川城・八田城
15:30  一志嬉野IC
19:00  三方ヶ原SA・磐田・袋井IC
20:00  JR静岡駅南口帰着予定

  • 申込み 締め切りました

続きを読む

第260回見学会報告

岩殿城で集合写真

実施日:平成30年3月18日(日) 天候:晴れ 参加者:26名
担当者:乗松理事、澤田理事、小川理事

岩殿城とふれあいの館

3月の見学会は、武田氏滅亡を決定づけた裏切りで有名になってしまった小山田氏の関連する城郭3ヶ所を訪ねました。静岡からバスで出発。東名高速道路、御殿場ICから国道138号線、東富士五湖道路、中央高速道路を経て大月ICで降り、大月市民会館でバスを降りて現地集合の方々と合流し、さっそく岩殿城へ向かいました。麓から見る岩殿山は切り立った岩盤の壁が来る者を拒むかのようで、整備されているとはいえ、登山道はかなり厳しく体力を消耗しました。揚城戸とよばれる岩場を利用した虎口を抜けると山頂に至ります。山頂部には物見台、馬場、倉屋敷、狼煙台(本丸)とされる場所があるものの遺構はほとんど見られません。

岩殿城揚城戸跡

この城で見どころといえるのは本丸の東にある2条の堀切ですが、事故防止のため進入禁止となっていたため、手前から眺めるのにとどめました。下見の際は問題なく見ることかできただけに大変残念でした。馬場の下方にある2つの池を見学の後、昼食をすませ、記念撮影をして下山しました。山頂からの眺望はすばらしく、南西方向に雪を頂いた富士山もくっきりと見え、参加者は盛んに写真を撮っていました。次に、岩殿城の北方にある駒宮砦に向かいました。この砦に行くには北からと南からの2つのルートがありますが、バスの乗り入れの制約もあり、南からのルートをとりました。途中からは道も定かでない斜面を直登することになり、参加者は長い列になってゆっくりと登っていくことになりました。この砦は烽火台ともいわれていますが、意外と広い城域、堀切など良く残る遺構を観察すると、街道を監視する役目をもった砦であろうと思われます。参加者は興味深げに城域を隅々まで見て回っていました。

勝山城本丸

見学会の最後は、数年前にも当会で訪れた勝山城を訪ねました。本丸までの途中には南に張り出した川棚見張台をはじめ、三の丸、二の丸や帯郭などがあり、本丸への道沿いには石垣も見られます。本丸からの眺望は岩殿城同様すばらしく、眼下には居館があったとされる谷村の街並みが見えました。本丸からは北尾根に向かい、途中堀切を経て大沢の見張台まで行き、この後、本丸西直下を廻る内堀を辿り下山しました。当日は、当会顧問の小和田先生も参加され、レクチャーもしていただき、大変有意義な見学会となりました。(文責:澤田)

第259回見学会のご案内

北条早雲(伊勢宗瑞)と伊豆狩野氏の戦い
― 柏久保城・大見城・狩野城 ―

 新年1月の見学会は、新シリーズとなりますが、北条早雲こと伊勢宗瑞にスポットをあてた見学会を計画いたしました。今川氏中興の祖・氏親を支えて領国拡大策に大きく貢献した早雲の戦歴を何回かに分けて勉強していきたいと思います。
明応2年(1493)、伊豆に侵攻した北条早雲は約5年間かけて伊豆を制圧していきますが、その中で抵抗勢力の狩野氏との抗争の舞台となったと考えられる中伊豆地域の柏久保城、大見城(早雲側)、狩野城(狩野氏側)の縄張りを観察し、それぞれの縄張構造の比較や、3城がその後(天正期など)使用された可能性の有無等について考察いたします。いずれの山城も遺構の保存状態がよく、明応年間の構造あるいは戦国末期の構造を学ぶ上で、指標となる城郭ですので、奮ってご参加いただきたいと存じます。

  • 実施日:平成30年1月21日(日曜日) *小雨決行
  • 見学先:柏久保城・大見城・狩野城〔脚力レベル: 3/5〕
  • 参加費:会員5,000円  非会員5,500円  当日朝バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス 〔集合場所:静岡駅南口・ロータリ交差点付近〕
  • 身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当飲物類
  • 担 当:望月副会長・宮川理事
  • 申込み:定員になりましたので締め切りました
  • 日 程:8:00 静岡駅南口出発 → 東名・静岡IC → 8:30 富士川SA(トイレ休憩)→ 8:50 東名・沼津IC → 伊豆縦貫道 → 9:15 道の駅・伊豆ゲートウェイ函南(休憩)→ 9:45 伊豆縦貫道・修善寺南IC → 10:00 伊豆箱根鉄道・修善寺駅 → 10:10 ~ 11:30 柏久保城跡12:00 ~ 13:30 大見城跡(昼食)→14:00~ 15:30 狩野城跡 → 15:45 伊豆縦貫道・大平IC → 16:15 伊豆縦貫道・伊豆長岡IC → 16:30 伊豆箱根鉄道・韮山駅 → 16:50 道の駅・伊豆ゲートウェイ函南(休憩)→ 伊豆縦貫道 → 17:15 東名・沼津IC → 東名・静岡IC →18:30 静岡駅南口帰着 解散

続きを読む

藤枝市の菩提山“謎の砦遺構” 現地案内会

土塁Bと横堀A

横堀B

土塁Eと横堀C

本年7月発行の機関誌『古城61号』に掲載しました私(事務局長 平井登)の論考「檜峠・菩提山中腹に謎の砦遺構を発見」について、地元島田市側の伊久美地区小川町内会の関係者と伊久美小学校の教員OB等が関心を示されました。
それで来る12月23日(土・祝日)に、地域活性化に繋げられるようなものかどうか一度見てみたいとのことで、私が現地案内をすることになりました。この機会に関心のある方にも是非見ていただきたく、当日のご参加をご案内いたします。
以下の日程で現地説明会を行いますので、会員・非会員に係らず、ご希望の方は下記よりお申し込みください。

 

 

  • 日時:平成29年12月23日(土)・午前9時半に集合 ※雨天中止
  • 集合場所:島田市伊久美の檜峠「地蔵堂」前
  • 日程:9:30 檜峠地蔵堂前 → 10:15~12:30 遺構の現地説明・意見交換(昼食) → 13:10 菩提山山頂(標高691m) ~13:30下山 → 14:30檜峠地蔵堂 解散
  • 準備:ハイキング程度の服装(防寒具)登山靴・弁当飲み物
  • 資料:以下ダウンロードしてご持参ください。
    『2017ふじのくに山城セミナー』発表論考PDF
  • 申込み:こちらから(参加無料)・締切日:12月20日(水)
    注意)駐車場はありません。路肩駐車になりますので乗り合わせてのご参加をお願いします。拙宅(藤枝市滝沢2690番地の3)に9時までに来ていただき、分乗して行くことをお勧めします。

    領珠院跡主要部

第258回見学会のご案内

井伊家の大恩人 新野左馬助と新野郷の山城

左馬助を祀る左馬武神社

 大河ドラマ「おんな城主直虎」で、井伊家の大恩人の役どころとなっている新野左馬助公は、“今川系新野氏”といわれます。本領が御前崎市の新野郷にあったことから、同市では佐馬助公ゆかりの史跡を活かしたプロジェクト事業を展開しています。とりわけ、山城群は見学しやすく整備され、また、本会の前名誉会長・故 鈴木東洋氏の邸宅も「新野左馬助公展示館」として再利用され諸資料を公開しています。
昨年度の「ふじのくに山城セミナー」で、森町一宮地区の7つもの密集した山城についての研究成果が発表されましたが、同様に新野地区にも隣接し合う6つの山城が確認されています。同地区周辺の戦国抗争史からこの山城群は、天正2年(1574)以降の武田vs徳川による高天神城の攻防戦との関係が考えられています。ただ、裏付ける史料・文献が少なく仮説の域ではあるものの、武田方による策源地(後方支援基地)としての築城が有力視されています。保存状態の良好な遺構から、諸賢の考察・検証による新たな見解も期待したいところであります。

  • 実施日:平成29年11月19日(日曜日) *小雨決行
  • 見学先:篠ヶ谷砦・八幡平の城・舟ヶ谷の城山・新野左馬助公展示館・左馬武神社・天ヶ谷の城平〔脚力レベル: 3/5〕
  • 参加費:会員5,000円・非会員5,500円  当日朝バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス 〔集合場所:静岡駅南口・ロータリ交差点付近〕
    大井川以西の参加者はJR菊川駅南口に集合
  • 身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当飲物類
  • 担 当:水野会長・各務理事
  • 申込み:こちらから(非会員の参加も大歓迎)定員(28人)になり次第締め切り
  • 日 程:8:00 静岡駅南口出発 → 東名・静岡IC → 8:15 日本坂PA下り(トイレ休憩) → 8:50 東名・菊川IC → 9:00 JR菊川駅南口(大井川以西の参加者集合場所)→ 下平川 → 磯部 → 新野原 → 9:25 篠ヶ谷砦 → 八幡平の城(相慈院で昼食) → 舟ヶ谷の城山 → 観光案内所「よってまいか」(休憩)→ 新野左馬助公展示館 → 左馬武神社 → 天ヶ谷の城平 → 15:40 出発 →  16:00 JR菊川駅南口 → 16:10 東名・菊川IC → 16:40日本坂PA上り → 東名・静岡IC → 17:00 静岡駅南口帰着

【新野郷の地理的、軍事的環境】

八幡平の城 本曲輪

新野郷は駿河湾に面する相良(港)から真西に約8㎞の内陸に位置し、武田VS徳川の争奪拠点である高天神城へは、さらに真西へ約8㎞と最も近距離で移動するためのライン上に当たる。このことは、天正2年以降の武田勝頼にとって遠江支配の実権を死守するうえで戦略上重要な策源地になり得たことを意味している。

定説的に「篠ヶ谷砦」「八幡平の城」「舟ヶ谷の城山」「天ヶ谷の城平」と信玄期から勝頼期にかけての城域拡大により、あるいは城郭研究者の考察分類により4つに分けられる城砦群であるが、現存する遺構から総体的に高天神城の陥落とほぼ同時期に運用された縄張りと捉えられるようである。

舟ヶ谷の城山遠望

天ヶ谷の城平 本曲輪

ライン上にあって、西の高天神城側(天ヶ谷・舟ヶ谷)に従い標高を下げつつ戦闘的構造が強化され、標高を上げた東側(八幡平・篠ヶ谷)は広域から参集する軍勢の収容と陣立てを主な機能とみる水野会長の見解は説得力がある。
(平井)