第262回見学会ご案内

今川義元公生誕500年プレ事業
今川義元の田原城攻め
― 二連木城址・吉田城址・大津城址・長興寺 ―

今回の見学会は今川義元公生誕500年を前にして、義元の東三河侵攻における最初の標的となった戸田氏に関連する城郭等を探訪いたします。
戸田氏はかつて、今川氏への従属と離反を繰り返した弱小勢力で、「竹千代事件」で義元の怒りを買い、ついに滅ぼされたかのように思われていました。しかし近年の考古学的な成果により、海上交易で繁栄した大勢力であったことが分かってきています。また、資料の読み直しで、田原城攻めでも今川勢を何度か撤退に追い込み、しかも滅んだわけではありませんでした。さらに、「竹千代事件」でも新説があらわれ戸田氏の関与が疑問視されているなど、興味を引く国人領主の姿が浮かび上がっています。
今回の見学地は、戸田氏勢力の北限である吉田城・二連木城から、最初に入った大津城(高縄城)、渥美地域支配の拠点である田原城と菩提寺の長興寺を訪れ、その興亡の歴史をたどりたいと思います。

  • 実施日:平成30年10月21日(日曜日) *雨天決行(要雨具)
  • 見学先:二連木城址・吉田城址・大津城址・田原城址・長興寺
    〔脚力レベル: 軽度1/5〕
  • 参加費:会員6,000円 非会員6,500円  当日朝バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス(あずき色のボディカラーが目印)
  • 乗車地:静岡駅南口・スクランブル交差点 石田街道沿い左手(東側)
  • 身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当飲物類
  • 担 当:川村副会長・齋藤理事・澤田理事
  • 申込み:参加申込みはこちら
  • 締切り:10月15日(月)迄
  • 日 程:8:00 静岡駅南口出発 → 東名・静岡IC → 8:15 東名日本坂PA下りなど   ※乗車希望の東名PA、SAを申込の際、明記してください → 9:30 東名・豊川IC →10:00 ~ 15:30の間に見学先を順次探訪〈二連木城址 → 吉田城址(昼食) → 大津城址 → 田原城址 → 長興寺(戸田氏墓所)〉→ 国道259 号→ 国道23号 → 国道1 号→ 県道65号 → 17:00 東名・浜松西IC → 各東名PA,SA → 東名・静岡IC → 18:30 静岡駅南口帰着 解散

続きを読む

第261回見学会(一泊二日)ご案内

一泊見学会は、「国司大名・北畠氏と伊勢の山城シリーズ」を計画致しました。
三大国司大名の一人北畠氏(他は土佐の一条氏、飛騨の姉小路氏)の本城である霧山城を中心とし阿坂城等本城を取り巻く支城群を訪れ、北畠氏の歴史に触れるとともに織田信長の伊勢侵攻を考える良い機会ですので奮ってご参加ください。
夕食は伊勢の山海料理を堪能するコースを用意しています。春の伊勢路を楽しんでください。

  • 実施日  平成30年4月21日(土)・22日(日)
  • 見学地  三重県松坂市・津市美杉町多気
  • 難易度  5段階中4
  • 担当者  望月保宏・小川 勝 (サポート乗松 稔)
  • 参加費  会員=23,000円  非会員=24,000円
    (交通費・宿泊費・夕食小宴会含む)
  • 宿 泊 『東横イン伊勢松坂駅前』
  • 小宴会  『伊勢庄や松阪駅前店』
  • 日 程(高速道の渋滞・事故や天候等によりコース変更あり)
    4月21日(土)
    7:30  JR静岡駅南口出発
    7:40  東名高速道路静岡IC
    8:30  東名高速道路袋井IC・磐田IC
    8:40  三方ヶ原サービスエリア
    11:15  一志嬉野IC
    11:30  阿坂城(昼食)
    大河内城・田丸城・松坂城
    18:00  ホテル「東横イン松阪駅前」
    18:30  小宴会「伊勢庄や松阪駅前店」

4月22日(日)  8:00  ホテル出発
9:15  美杉ふるさと資料館
10:15  北畠氏館跡・霧山城(昼食)
・滝之川城・八田城
15:30  一志嬉野IC
19:00  三方ヶ原SA・磐田・袋井IC
20:00  JR静岡駅南口帰着予定

  • 申込み 締め切りました

続きを読む

第260回見学会ご案内

小山田氏の岩殿城と勝山城

3月の見学会は、武田氏の重臣であった郡内地方の小山田氏ゆかりの山城を探訪いたします。関東三名城(他2城:岩櫃城・久能城)の一つである岩殿城(大月市)と勝山城(都留市)をメインとした中身の濃い見学コースとなっています。
本会では、ここ数年、新入会員や非会員の参加も増えつつあることから、会の長い歴史の中で何回か行っている著名な山城にも三度足を運び、縄張学を究めるための良い見本として再探訪を計画したものであります。そそり立つ岩殿城の岩肌が陽光に輝き、可憐な野草が勝山城の曲輪に萌える風景を求めるのも山城探訪の醍醐味でしょう。ご家族やご友人と一緒に、ご参加いただきたいと存じます。

  • 実施日:平成30年3月18日(日曜日) *荒天の場合は中止
  • 見学先:大月市:岩殿城・駒宮砦 都留市:勝山城  〔脚力レベル: 4/5〕
  • 参加費:会員6,000円 非会員6,500円  当日朝バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス 〔集合場所:静岡駅南口・ロータリ交差点付近〕
  • 身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当、飲み
  • 担 当:乘松理事・澤田理事
  • 締切り:定員になりましたので締め切りました!
  • 日 程:
    8:00 静岡駅南口出発 → 東名・静岡IC → 8:40 愛鷹PA(トイレ休憩)→9:00東名・御殿場IC → 国道138 → 東富士五湖道路 → 中央高速道路 → 9:50 大月IC → 10:15 ~ 13:00 岩殿城(昼食)13:30 ~ 14:45 駒宮砦 → 15:20 谷村町駅 → 15:40 ~ 16:40 勝山城 → 17:00 谷村町駅 → 都留IC → 中央高速道路 → 東富士五湖道路 → 国道138 → 17:50 東名・御殿場IC → 18:10 愛鷹PA(トイレ休憩)→ 東名・静岡IC → 18:50 静岡駅南口着 解散

続きを読む

第259回見学会のご案内

北条早雲(伊勢宗瑞)と伊豆狩野氏の戦い
― 柏久保城・大見城・狩野城 ―

 新年1月の見学会は、新シリーズとなりますが、北条早雲こと伊勢宗瑞にスポットをあてた見学会を計画いたしました。今川氏中興の祖・氏親を支えて領国拡大策に大きく貢献した早雲の戦歴を何回かに分けて勉強していきたいと思います。
明応2年(1493)、伊豆に侵攻した北条早雲は約5年間かけて伊豆を制圧していきますが、その中で抵抗勢力の狩野氏との抗争の舞台となったと考えられる中伊豆地域の柏久保城、大見城(早雲側)、狩野城(狩野氏側)の縄張りを観察し、それぞれの縄張構造の比較や、3城がその後(天正期など)使用された可能性の有無等について考察いたします。いずれの山城も遺構の保存状態がよく、明応年間の構造あるいは戦国末期の構造を学ぶ上で、指標となる城郭ですので、奮ってご参加いただきたいと存じます。

  • 実施日:平成30年1月21日(日曜日) *小雨決行
  • 見学先:柏久保城・大見城・狩野城〔脚力レベル: 3/5〕
  • 参加費:会員5,000円  非会員5,500円  当日朝バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス 〔集合場所:静岡駅南口・ロータリ交差点付近〕
  • 身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当飲物類
  • 担 当:望月副会長・宮川理事
  • 申込み:定員になりましたので締め切りました
  • 日 程:8:00 静岡駅南口出発 → 東名・静岡IC → 8:30 富士川SA(トイレ休憩)→ 8:50 東名・沼津IC → 伊豆縦貫道 → 9:15 道の駅・伊豆ゲートウェイ函南(休憩)→ 9:45 伊豆縦貫道・修善寺南IC → 10:00 伊豆箱根鉄道・修善寺駅 → 10:10 ~ 11:30 柏久保城跡12:00 ~ 13:30 大見城跡(昼食)→14:00~ 15:30 狩野城跡 → 15:45 伊豆縦貫道・大平IC → 16:15 伊豆縦貫道・伊豆長岡IC → 16:30 伊豆箱根鉄道・韮山駅 → 16:50 道の駅・伊豆ゲートウェイ函南(休憩)→ 伊豆縦貫道 → 17:15 東名・沼津IC → 東名・静岡IC →18:30 静岡駅南口帰着 解散

続きを読む

第258回見学会のご案内

井伊家の大恩人 新野左馬助と新野郷の山城

左馬助を祀る左馬武神社

 大河ドラマ「おんな城主直虎」で、井伊家の大恩人の役どころとなっている新野左馬助公は、“今川系新野氏”といわれます。本領が御前崎市の新野郷にあったことから、同市では佐馬助公ゆかりの史跡を活かしたプロジェクト事業を展開しています。とりわけ、山城群は見学しやすく整備され、また、本会の前名誉会長・故 鈴木東洋氏の邸宅も「新野左馬助公展示館」として再利用され諸資料を公開しています。
昨年度の「ふじのくに山城セミナー」で、森町一宮地区の7つもの密集した山城についての研究成果が発表されましたが、同様に新野地区にも隣接し合う6つの山城が確認されています。同地区周辺の戦国抗争史からこの山城群は、天正2年(1574)以降の武田vs徳川による高天神城の攻防戦との関係が考えられています。ただ、裏付ける史料・文献が少なく仮説の域ではあるものの、武田方による策源地(後方支援基地)としての築城が有力視されています。保存状態の良好な遺構から、諸賢の考察・検証による新たな見解も期待したいところであります。

  • 実施日:平成29年11月19日(日曜日) *小雨決行
  • 見学先:篠ヶ谷砦・八幡平の城・舟ヶ谷の城山・新野左馬助公展示館・左馬武神社・天ヶ谷の城平〔脚力レベル: 3/5〕
  • 参加費:会員5,000円・非会員5,500円  当日朝バス内で集金
  • 乗り物:市沢バス 〔集合場所:静岡駅南口・ロータリ交差点付近〕
    大井川以西の参加者はJR菊川駅南口に集合
  • 身支度:ハイキング程度の服装(滑りにくい靴・雨具)・弁当飲物類
  • 担 当:水野会長・各務理事
  • 申込み:こちらから(非会員の参加も大歓迎)定員(28人)になり次第締め切り
  • 日 程:8:00 静岡駅南口出発 → 東名・静岡IC → 8:15 日本坂PA下り(トイレ休憩) → 8:50 東名・菊川IC → 9:00 JR菊川駅南口(大井川以西の参加者集合場所)→ 下平川 → 磯部 → 新野原 → 9:25 篠ヶ谷砦 → 八幡平の城(相慈院で昼食) → 舟ヶ谷の城山 → 観光案内所「よってまいか」(休憩)→ 新野左馬助公展示館 → 左馬武神社 → 天ヶ谷の城平 → 15:40 出発 →  16:00 JR菊川駅南口 → 16:10 東名・菊川IC → 16:40日本坂PA上り → 東名・静岡IC → 17:00 静岡駅南口帰着

【新野郷の地理的、軍事的環境】

八幡平の城 本曲輪

新野郷は駿河湾に面する相良(港)から真西に約8㎞の内陸に位置し、武田VS徳川の争奪拠点である高天神城へは、さらに真西へ約8㎞と最も近距離で移動するためのライン上に当たる。このことは、天正2年以降の武田勝頼にとって遠江支配の実権を死守するうえで戦略上重要な策源地になり得たことを意味している。

定説的に「篠ヶ谷砦」「八幡平の城」「舟ヶ谷の城山」「天ヶ谷の城平」と信玄期から勝頼期にかけての城域拡大により、あるいは城郭研究者の考察分類により4つに分けられる城砦群であるが、現存する遺構から総体的に高天神城の陥落とほぼ同時期に運用された縄張りと捉えられるようである。

舟ヶ谷の城山遠望

天ヶ谷の城平 本曲輪

ライン上にあって、西の高天神城側(天ヶ谷・舟ヶ谷)に従い標高を下げつつ戦闘的構造が強化され、標高を上げた東側(八幡平・篠ヶ谷)は広域から参集する軍勢の収容と陣立てを主な機能とみる水野会長の見解は説得力がある。
(平井)