さらに発見!髙天神城攻め付城群か

1月18日の見学会『なぜここに!!「家康の高天神城攻めと新・付城」』の目玉である新発見「茂平地砦」近くの独立丘陵で、本会の乘松理事、小川理事が新たに連続竪堀遺構を発見! 小字から「長谷砦(ながや砦)」としましたが、詳細は見学会で報告いたしますので、ご期待ください。

長谷砦の連続竪堀遺構

引馬城・浜松城跡の最新調査成果説明会

引馬城跡と浜松城跡における最新の発掘調査成果について、出土品をまじえ、調査を担当した職員が解説します。

  • 会場 浜松市博物館 講座室(浜松市中区蜆塚四丁目22-1)
  • 日時 平成27年1月17日(土)午後1時00分~4時00分
  • 定員 60名(応募者多数の場合、抽選)
  • 費用 博物館の観覧料が必要(大人300円。高校生150円。)
  • 申込 期間:12月15日(月)~12月25日(木)必着
  • 方法:電話、ファックス、E-mail、往復はがきのいずれかの方法で、
    住所、氏名、年齢、電話番号を浜松市埋蔵文化財調査事務所へ
  • 申し込み先・問い合わせ先
    浜松市埋蔵文化財調査事務所
    〒431-2295 浜松市北区引佐町井伊谷616-5
    電話:053-542-3660 ファックス:053-542-3326
    E―mail: maibun@city.hamamatsu.shizuok

東海しろあとセミナーのご案内

  • 日時:9月27日(土曜日)午前9時50分~午後4時
  • 場所:アクトシティ研修交流センター、浜松城
  • 内容:東海地方の城跡発掘調査報告、浜松城現地説明会
  • 定員:70人(応募多数の場合、抽選)
  • 費用:100円(保険代)
  • 講師:小野友記子さん(小牧市教育委員会)ほか
  • 申込:往復はがきに、住所、氏名、年齢、電話番号、「東海しろあとセミナー参加希望」と、返信用の宛名を書いて、浜松市文化財課(〒430-8652中区元城町103-2)へ【8月29日(金曜日)必着】

※はがき1枚につき1人の申し込みです。
午前中は小牧山城、岐阜城、浜松城の発掘担当者が講師を務めます。
午後は浜松城(清水曲輪)、引馬城の発掘調査の現地説明会が行われます。

高天神城大手口の南域で山城発見


『静岡県の城跡-中世城郭縄張図集成-』(西部・遠江版)の調査・編纂事業は、平成25年度から始まっている。今年は、東遠地方(吉田町・牧之原市・御前崎市・菊川市)と中遠地方の森町・掛川市域で進め、特に調査委員全員で旧大東町の高天神城周辺の城砦群を再調査した。まだ、調査域の半分程度であるが、下土方地区と岩滑地区の二か所で山城の発見を見た。ここでは、下土方畑ヶ谷で確認した「茂平地砦」を取り上げたい。

茂平地砦(左丘陵) 下土方畑ヶ谷には「畑ヶ谷砦」が知られ、その西の「茂平地」地名の丘陵上(写真左側)に存在。写真右側は高天神城西の曲輪・高天神社から南に延びる支尾根で、近くに「門口」地名があることから大手口を押える位置関係にあった。

続きを読む

もっと知りたい! 鳥羽山城

〜浜松市指定史跡・新指定記念見学会のご案内〜

2014年2月、新たに鳥羽山城跡(天竜区二俣町)が浜松指定史跡に指定されました。
新指定を記念し、現地見学会を開催いたします。本丸に残る庭園遺構や石垣なども見
学しやすいように整備を進めているこの機会に、貴重な歴史遺産にふれてみません
か。

  • 日時 2014年3月29日(土曜日) 午前10時〜午前11時30分
  • 会場 鳥羽山城跡 本丸(受付:鳥羽山公園駐車場)
  • 内容 鳥羽山城跡に残る遺構の解説
    新指定にかかわり評価された遺構
    (調査担当職員が説明します)
  • 申し込み 不要 直接会場にお越しください
  • 備考 雨天でも開催いたします。
  • 問い合せ先 浜松市文化財課(053)457-2466