歴史シンポ in Biviふじえだの報告

今川義元公 生誕500年企画 

「今川氏の城郭と合戦」が大盛会!

令和の新時代を迎えた今年は、伊勢宗瑞(北条早雲)没後500年、今川義元生誕500年という、静岡県に所縁のある戦国大名に関する記念すべき年となっています。当会も7月の定期総会を経て、望月保宏新会長を中心とした新時代がスタート。最初の事業として9月15日、今川義元公生誕五百年企画として歴史シンポジウム「今川氏の城郭と合戦」を藤枝市の静岡産業大学藤枝駅前キャンパスBiViキャンで開催しました。  

小和田哲男名誉顧問の基調講演をはじめ、会員4人が従来の定説に挑む研究発表を披露。前藤枝市長で元静岡放送キャスターの松野輝洋さんをコーディネーターに迎え、「縄張りから捉える今川氏の戦い」をテーマにした討論会を繰り広げました。定員を上回る約130人の来場者の中には著名な研究者も多数みられ、本会の研究に対する関心の高さが窺えました。小和田名誉顧問は「~駿府今川館の実像は~駿府城の発掘成果から」をテーマに講演。寿桂尼の遺言や伝承で、幻の今川館が駿府城の下に眠っていると推定される中で昭和57年、城内の発掘調査で館の遺構が発見された感動を振り返り、出土品の永楽通宝や陶磁器、金細工について解説しました。太閤検地の時代に駿河、遠江、三河の3国で70万石に満たない石高の今川氏が、桶狭間合戦で2万5000人ともいわれる兵力を動員できた背景には、商人を優遇した政策、東海道や太平洋の海運、安倍川や大井川の上流で行っていた金の産出で培った経済力があったことを説明しました。現在、発掘調査が行われている駿府城天守閣については、家康大御所時代の天守台の外れから、中村一氏時代の天守台の一部と約330点の金箔瓦が発見された成果を紹介しました。「一氏は家康が築いたばかりの五カ国時代の駿府城にそのまま入った」という従来の定説に対し、「家康の城を壊して自分の城を築いた」という説を提唱。「大御所時代の城の下に中村時代の城、その下に五カ国時代の城、その下に今川館の痕跡が見つかるのでは」と可能性を示しました。  

 水野茂名誉会長は「永享の乱と謎の狩野氏城郭」をテーマに発表。沼舘愛三氏が戦前に立てた「慈悲尾背後の山城が安倍城」とする定説を検証しました。平成8年に静岡古城研究会で発見した大篠山城(静岡市葵区蕨野・柿島)について、南麓の玉川地区に狩野姓が多く、武田氏に仕えた狩野弥次郎の存在から、「永享の内乱期に狩野氏が拠った奥城で、前身は南北朝期の安倍城だった」と考察。山自体の峻険な要害性に依拠している点が南朝系の城郭に酷似している点も指摘しました。一方、従来の安倍城については、狩野氏の領地外に位置していると強調。建穂寺城および徳願寺城と3城を並立させた運用が考えられ、東海道を幹線にして西側から入る糧道構造と広大な駐屯地が一致しており、将軍足利義教の命で導入された斯波氏が入ったとする考えを示しました。大篠山城の現地調査で体調を崩した後に心臓手術を受けたエピソードも紹介し、「まさに命懸けの調査となった。広域な安倍山には狩野氏の巨大山城がこの他にも眠っているはず。後に続く研究者に調査を託したい」と期待を寄せました。  

望月会長は「義忠・氏親の遠江侵攻と城郭」をテーマに、遠江の奪還を目指す今川義忠・氏親の親子2代の4次にわたる40年間の戦いを、勝間田城、横地城、高藤城、松葉城、三岳城といった関連城郭の遺構と関連させて概観しました。いずれの城も、16世紀後半に徳川氏や武田氏による改修もしくは後世の開発行為を受けており、当時の城郭遺構として明確に峻別できるものはないと説明。これらの城は今川氏が攻めた城であり、今川氏側の城郭の実態については不明な点が多い現状を確認しました。史料によれば、氏親は寺院などを陣所にしたことがあり、今後の史料の精査、寺院跡や土豪屋敷の発掘調査の蓄積などにより実態の解明を期待。「三河や北遠、駿河東部などの事例と比較検討しながら同時期の今川氏の城館について研究を進めていきたい」と意気込みを話しました。  

平井登副会長は、「『花蔵の乱』城郭から見る真相」をテーマに、玄広恵探がどのような経路で追い込まれて自害したのかを検証。小和田名誉顧問らが書籍などで示した「義元派は方上城を落とした後に二手に分かれ、葉梨城と遍照光寺城を攻めた」という定説に一石を投じて乱の実像に迫りました。平成19年に葉梨城周辺を悉皆調査して発見した桂島陣場、遠見番所、村良支塁、入野支塁および義元派の岡部氏と朝比奈氏の拠点城郭、一次資料に登場する恵探派の方上城、葉梨城を基に義元派の侵攻ルートを確認。桂島陣場は遠見番所と二つの支塁と連携性があり、岡部氏の朝日山城や朝比奈氏の朝比奈城を後詰めと捉えた場合、義元派の布陣は朝比奈城の出城である上の山城も取り込んだ南北7㌔にわたる範囲になるという。鶴翼の陣形に配置した城砦群から恵探派の城を同時に攻撃。恵探は唯一の尾根伝いに敗走せざるを得なかったと考察。「恵探の抹殺でしか乱が収まらないと睨んだ義元派の周到な戦術と戦法を桂島陣場の遺構が物語っている」とまとめました。  

川村晃弘副会長は「河東一乱と城郭」をテーマに、今川氏と後北条氏が富士郡や駿東郡で壮絶な戦いを繰り広げたという定説を検証しました。戦いの意義については「後に武田氏を交えて再び同盟を結んでおり、今川氏は三河へ、後北条氏は関東への侵攻が遅れ、両氏にとって必要のない争いだった」と分析しました。この戦いで今川義元が最初に入ったとされる善得寺城については、確かな史料に記載がなく、地形が城跡とは考えられない―などの問題点を挙げ、善得寺そのものに布陣したと考え、「城は存在せず、近くの城山を砦として防御した」と推定しました。両氏は侵攻した先で国衆や敵対勢力に対する多くの城砦を構え、調略を行ったが、富士郡や駿東郡ではそのような動きが確認できないことも合わせて指摘しました。その上で「大名間の都合が前面に出ており、決戦を指向しない外交や交渉が中心で激しい戦いはなかった。互いに正面に敵を抱え、背中で殴り合いをしていた感じになる」と考察しました。  

討論会ではパネリスト5人の講演や発表を振り返るとともに、今川系城郭の特徴について話し合いました。遺構が風化や改修によって不明瞭であり、山城はシンプルな連郭式、平地の居館は方形が基本になっている―といった意見が挙げられ、小和田名誉顧問は「今川系城郭には北条系の障子堀、武田系の丸馬出といった指標はなく、特徴がないのが特徴。今川氏の城と合戦に理解を深める有意義な一日になりました」と締めくくりました。 (文責:金剌信行)

最新レポート発表会の報告

9月23日(日)開催の新事業「最新レポート発表会」について報告。

開放的なBiViキャン

司会の望月副会長

会場となったBiViキャンは、藤枝駅南口から歩いて1分で、駐車場も完備した交通の便のよいところです。一階の講義室・セミナールームはガラス張りで,他の目的で訪れた人からも見える開かれ場所でした。会員27名、非会員をあわせ延べ77名(受付記名者のみ)の参加者でした。4人の発表者がそれぞれパワーポイントを駆使して報告をしています。以下、概要について順を追って述べます。

鈴木晃太朗さん

1.駿東郡の深沢城について 三島市の鈴木晃太朗さんの発表です。高校3年生で、受験勉強の合間で資料を作成したとのことです。すでに城めぐり歴は8年に達し、縄張図作成はもとよりジオラマまで制作しています。発表は正統派で、まず文献史料を検討し、縄張図からの分析を行ない、写真で説明がされました。単に遺構を紹介するだけでなく、自らの考察を深めていました。

 

 

金刺信行さん

2.富士郡の間門城(夷城)について 当会理事で富士宮市在住の金刺信行さんの発表です。新聞記者をやっているだけに、わかりやすい資料を作成していただきました。間門城(夷城)については、すでにこれ以上の遺構はなく、性格もよくわからないと思われていました。しかし、ていねいに聞き取り取材し、地元の資料から小字を掘り起こしていきました。その結果、新たな遺構の確認ができたことが報告されました。地名だけでなく、大堀切が再発見されたことで、城域が700mにわたる広大なものであることがわかりました。そして文献からの使用がありそうな時期を検討し、河東一乱の時の使用と武田北条の抗争期にしぼり、規模から後者であるとの見解が示されました。

小高巳季彦さん

3.利根郡の長井坂城について 神奈川県厚木市の会員・小高巳季彦さんの発表です。当会が昨年の一泊見学会で尋ねた群馬県の長井坂城についての考察です。見学会の時、小高さんは遺構を観察した結果、既存の解釈との食い違いを感じたとのことです。そこで、今年度の『古城』でその見解をまとめています。今回の発表はそれをふまえたものですが、定説である北条氏築城説を平面構造解釈や街道との関係で覆していきます。また、北条氏の軍事行動から中山築城以前に北条氏以外が築城したという見解が示されました。

平井登さん

4.志太郡の滝沢城について 藤枝が地元の平井登事務局長の発表です。家のすぐ近くにある滝沢の古城址について、地理的環境や地誌にある伝承さらに遺構の特徴から、南北朝期のものと特定していきます。観応の擾乱のとき、駿河では3つの城郭戦がありました。32日間を要した薩埵山の対峙、20日間をかけた大津城の攻防、そして15日間戦われた徳山城攻防戦です。大津城攻は現在、島田市野田の城山に比定する説が有力ですが、とても20日間の攻防をする城の跡とは思えません。また島田東光寺への禁制から今川氏の進撃路が推測されます。そこで滝沢の城山こそが「大津城」であったと推測できます。たいへん説得力がある説でした。

談論の様子

発表の後、水野会長をコーディネーターとしたパネルディスカッションが行なわれました。かなり突っ込んだ質問もありましたが、発表者は自分の解釈を答え、単なる遺構の報告ではなく、深く考えられたものであることがわかりました。(文責:川村晃弘)

最新レポート発表会のご案内

平成30年度の新規事業「最新レポート発表会」のご案内をいたします。
この事業は、会員及び一般市民に対し、あらためて城郭研究の意義と文化的価値を理解していただき、併せて研究活動における調査の醍醐味や課題等を知っていただくことを主目的としています。第一回目となる今回は、始めて登場する若手会員3名の活動成果または興味対象についての発表をメインにしていますので、どうぞ今後の活躍に期待を込めたエールをおくっていただきますよう、多数のご参加をお願いいたします。

 

 

  • 日  時:平成30年9月23日 (日) 12時50分から受付 1時20分 開会
  • 会  場:藤枝市産学官連携推進センター・静岡産業大学藤枝駅前キャンパス
    「BiViキャン」一階の講義室とセミナールームを全面使用(収容100人)藤枝市前島1丁目7-10  TEL:054-639-7164
  • 交 通:<電車> JR藤枝駅・南口より徒歩で約1分
    <駐車場> BiVi(藤枝市立駅南図書館)の有料立体駐車場が利用できます。
  • 参加費:無料(発表者のレジメ資料を当日受付にて配布します)
  • 申込み:不要、先着順・直接会場へ
    ※会員には、当日の参加者把握のため申し込みをお願いします。
    ◎会員の参加申込みはこちら
  • 締切日:9月15日(土)までに必着

続きを読む

第35回全国城郭研究者セミナー報告

8月4日(土)・5日(日)、中世城郭研究会主催の第35回全国城郭研究者セミナーが、お隣の愛知県豊橋市公会堂で開催されました。当会からも、水野会長・川村副会長以下多くの会員が参加しました。

 1日目の8月4日(土)の午前中は、セミナーに先立ち豊橋市文化財センター主催の「『三河の城』報告会」が開催されました。これは近くの豊橋市美術博物館で開催中の企画展「みかわの城-吉田城と天下人-」の関連企画で、松田繁氏の「蒲郡の城館」、岩原剛氏の「吉田城の考古学」、高田徹氏の「豊橋付近の城を歩く、見る、考えてみる」の3つの報告が行われました。いずれも最新の縄張研究、考古学的調査の成果を盛り込んだ興味深い報告でした。 続きを読む

藤枝市郷土博物館の中世城郭企画展ご案内

 

 

 

 

 

 

 

 

※城郭講演会(全4回あり)のお申し込みは、6月12日(火)より、電話・ファックス・Eメールで受け付けますので、ご注意ください。
藤枝市郷土博物館 藤枝市若王子500 TEL 054-645-1100  FAX 054-644-8514
Eメール  muse@city.fujieda.shizuoka.jp