袋井市春岡の本庄山砦跡に説明看板設置!

袋井市春岡の地元郷土史家鈴木清壱氏のご尽力により、本年3月22日に春岡神社西駐車場の北側に「本庄山砦跡」の案内看板(設置者:袋井市教育委員会)が立てられました。

本庄山砦に設置された案内看板

本庄山砦と周辺城郭

「本庄山砦」は、機関誌『古城』60号の水野茂氏論稿「山城からみる森町の戦国史(1)」にも登場し、その運用を徳川軍が拠点とした久野城に対抗するべく、武田軍(勝頼期)が軍事拠点とした、との考察が述べられています。発掘調査の結果、武田氏特有の大規模な薬研堀状の横堀が久野城側に対して築かれていたことを論拠とされていますが、「本庄山砦跡」は、大量の兵員を収容可能とする駐屯曲輪をはじめ随所に残る虎口や土塁、竪堀等があって、同地域での戦国大名間抗争の熾烈さを物語ってくれます。山城ファンには必見の価値ある平山城ですので、周辺山城を絡めての現地探訪をお勧めいたします。

看板設置スナップ

「新野左馬助公展示館」公開のご案内

平成25年11月2日、享年88歳でご逝去された本会名誉会長・鈴木東洋氏の邸宅(旧 鈴木医院)が、新野左馬助公顕彰会の皆さんのご尽力により「新野左馬助公展示館」として生まれ変わりました。大河ドラマ「おんな城主直虎」では、直虎の伯父として井伊家存亡の機を救った人物役で登場していますが、医師であった東洋氏は地元新野にある舟ヶ谷城の城主・新野左馬助についての研究に早くから取り組まれていました。
地域医療のかたわら昭和47年に静岡古城研究会を小和田哲男名誉顧問等と共に創立すると、翌48年には地元有志の皆さんと新野左馬助公顕彰会の前身である新野左馬助公遺蹟保存会を立ち上げ、左馬武神社(左馬助墓所)の改築等を行っています。
そのご功績から半世紀近くたった今、そしてご逝去されて4年目になる今、全国の茶の間の大河ドラマに新野左馬助が登場するなど夢にも思っていなかったのではないでしょうか。

同館では、新野左馬助の生涯や舟ヶ谷城をはじめとした新野地区の史跡と静岡古城研究会の紹介、また、鈴木医院の診察室が当時のまま保存展示されています。
本会では、平成29年度事業の中で、同地区の城跡と合わせて「新野左馬助公展示館」の見学会を計画し、鈴木東洋氏の遺徳を偲びたいと思います。(文責:平井)

 

 

 

 


新野左馬助公の里パンフレッ
トPDF

新野左馬助公展示館パンフレットPDF

 

静岡市葵区の『松野城跡』石碑完成

去る11月3日、静岡市葵区松野に伝わる「松野城」について、地元の有志のみなさんが、その存在を後世に伝えたいと城址碑を建立しました。本会の水野会長は、有志のみなさんから依頼を受けて「松野城跡」に関するこれまでの調査研究成果を披露しました。その講演内容をpdfよりご覧ください。松野城跡について.pdf

伊伝文化財団より文化奨励賞受賞!

受賞式

受賞式

静岡県の文化財保護・文化振興のため、文化団体や寺社等に多額の経済的支援を実施している財団法人伊豆屋伝八文化振興財団は、10年前から、文化財の保護や普及啓発に顕著に取り組んだ団体又は個人に「伊伝財団文化財保護振興奨励賞」を授与していますが、このほど当会が昨年の『縄張図集成 駿河編』の刊行等を評価され、同賞を受賞することになりました。

続きを読む