歴史シンポジウム in BiViふじえだ

今川義元公生誕500年企画

今川氏の城郭と合戦

  • 日 時:令和元年9月15日 (日)  午前9時40分開場・受付 ・10時開会    
  • 会 場:BiViキャン(静岡産業大学駅前キャンパス)            藤枝市前島1丁目7-10  TEL:054-639-7164
  • 交 通:<電 車> JR藤枝駅・南口より徒歩で1分              <駐車場> 有料立体大駐車場が利用できます。
  • 参加費・資料代:2,000円
  • 定 員:100名
  • 申込み: 本サイトからの受け付けは定員になったため終了しました!

令和元年度主要事業計画

9月15日(日)今川義元公生誕500年企画
歴史シンポジウム in BiViふじえだ『今川氏の城郭と合戦』
〇基調講演:小和田哲男氏(静岡大学名誉教授)
「駿府今川館の実像は~駿府城の発掘成果から~」
〇研究発表(会員):水野茂・望月保宏・平井登・川村晃弘
〇討論会:縄張から捉える今川氏の戦い
コーディネーター・松野輝洋氏と5氏によるパネルディスカッション

11月17日(日)第267回見学会
「北遠の国人領主・天野氏の城と縄張り」

見学先:犬居城・樽山城
担当理事:平井登・望月徹
参加費:5,000円

令和2年1月19日(日)第268回見学会
「下田城、深根城と周辺の城砦」

見学先:下田城・深根城 他
担当理事:望月保宏・宮川茂美
参加費:6,000円

3月15日(日)第269回見学会
「設楽町名倉の城砦群」

見学先:寺脇城・清水城・鍬塚城 他
担当理事:川村晃弘・齋藤作行・澤田孝治
参加費:6,000円

4月18日(土)・19日(日)第270回見学会〈一泊二日〉
「湖北・若狭の城」

見学先:玄蕃尾城・国吉城・後瀬山城 他
担当理事:望月保宏・松永澄尚・金刺信行
参加費:24,000円

★実施月の初旬に「Webのろし」で詳細をご案内しますので、参加希望の方はその時、お申し込みください。

役員構成

会 長:望月保宏
副会長:川村晃弘・平井 登
事務局長:望月 徹
事務局:松永澄尚
会 計:斉藤作行・澤田孝治・宮川茂美
理 事:・金刺信行
監 事:勝山周兵・徳永昌俊
名誉会長:水野 茂
名誉顧問:小和田哲男(静岡大学名誉教授)
顧 問:山下 晃・乘松 稔

会のあらましはこちら

会のあらまし

名  称:静岡古城研究会(しずおかこじょうけんきゅうかい)

代  表  者:会長・望月保宏(三島市若松町4633-1-A)

設  立:昭和47年(1972)

事業年度:6月1日〜翌年5月末(定期総会:7月)

会  員  数:72名(2019.8月末現在) 公務員・会社員・自営業者・農林業者・学生など様々な方が入会中。

一行紹介:県内を中心とした中世城館跡を調査・見学・探索し、縄張図を表すことを通じて城郭遺構の歴史的意義を究明する。

活動内容:●隔月1回、県内および近隣県の中世城館跡見学会開催。●定期総会時に研究成果発表会「ふじのくに山城セミナー」開催。●調査研究成果論文集・機関誌『古城』を毎年発行。●地域とともに学ぶ戦国史『歴史シンポジウム・イン・当該地』を隔年開催。●『静岡県の城跡―中世城館跡縄張図集成―(駿河国版・伊豆国版・遠江国版)』の調査編纂事業継続中(2012.7月駿河国版発刊)。●古文書、伝承等をもとに未調査・未発見の城砦探索および縄張作図と考察研究。●学術研究者、関係諸団体、行政機関、学校、当該地域との情報交換と交流、保存啓発活動。

会  費:入会金 1,000円 年会費 5,000円

入会条件:中世城館跡に興味関心があり、山歩きや史跡巡りが好きで健康な方(性別不問)

ご入会はこちらから

実  績
機関誌『古城』発行:現在第63号(毎年一回発行)
●ふじのくに山城セミナー(研究成果発表会):毎年一回(定期総会時)
●地域とともに学ぶ戦国史『歴史シンポジウム・イン・当該地』:隔年開催
①周智郡春野町 ②菊川市横地 ③静岡市興津町・由比町
④沼津市根小屋(2007年1月) ⑤藤枝市葉梨・岡部町桂島(2010年1月)
⑥静岡市駿河区(2012年11月)⑦静岡市「あざれあ」(2015年11月)
⑧藤枝市「BiVi藤枝」(2019年9月)
『静岡県の城跡ー中世城郭縄張図集成ー(中部・駿河国版)』発刊(2012.7月)
㈶伊豆屋伝八文化振興財団の文化奨励賞受賞(2013.3月)

令和元年度「定期総会」と「ふじのくに山城セミナー」のご案内

「令和元年度定期総会」と「ふじのくに山城セミナー」のご案内をいたします。

今回の総会においては任期満了に伴う役員の改選などが議題に含まれます。また山城セミナーでは、本会の水野茂会長が30年にわたる本会での活動を振り返りつつ、自身のこれまでの城郭研究の総括とも言うべき講演をされます。続く会員3名の研究成果も本県東部、中部、西部それぞれのフィールドにおけるとても興味深い内容の発表を予定しておりますので、どうぞご期待の上、ご参加くださいますようお願いいたします。

  • 日  時:令和元年7月21日 (日)  9時30分から受付・9時45分開会
  • 会  場:静岡市東部勤労者福祉センター「清水テルサ」6階 研修室(大)
    静岡市清水区島崎町223 TEL. 054-355-3111
  • 交 通:<電車> JR清水駅・東口より徒歩で約5分
    <駐車場> 清水テルサの有料立体大駐車場が利用できます。
  • 申込み:  参加申込みはこちら
  • 締切日:7月16日(火)
  • 昼 食:各自ご持参ください。(同会館8階にレストランあります)
  • 徴 収:年会費(5,000円・会員の方)
    〇ふじのくに山城セミナー資料代(1,000円)
  • 頒 布:機関誌『古城』第63号は、当日受付にて頒布します。

《定期総会の議事内容》(9:45〜 10:45)

前年度事業報告・同決算報告・監査報告・役員改選(案)
本年度事業計画(案)・同予算(案)等について

《ふじのくに山城セミナー》
非会員の参加も大歓迎!(資料代1,000円)

1部・記念講演(10:45〜 12:15)
講師:水野 茂(静岡古城研究会)
演題:「山城発見の歴史的胎動を探る 」

 昼食(室内で食事可)・休憩 ・書籍販売
機関誌『古城』『見学会資料』などのバックナンバーはじめ、城郭関係の古書・古本等を販売します。

2部・会員の研究成果発表(13:30 〜 16:20)
⒈(13 : 30 ~ 14 : 20) 望月保宏 「総合調査から見直す韮山城」
⒉(14 : 30 ~ 15 : 20) 乘松 稔 「家康の北遠奥山侵攻と陣城」
⒊(15 : 30 ~ 16 : 20) 平井 登 「戦乱に揺れた伊久美郷の村びと」

◎閉会あいさつ